• 借入比較.com

借り入れができない原因とは?

借り入れの際に担保が不要ですし、連帯保証人はおろか保証人も不要で契約ができるので、一見すると非常に契約がしやすいローンのように考えられます。

しかし担保や保証人が不要な無担保ローンということは、それだけ申込者の信用がなければ金融機関は融資をしないと考えられますし、実際にカードローン審査では申込者の信用調査などがしっかりと行われています。

カードローンに申込みをしたけれど審査落ちしてしまう場合には、どのようなことが原因となっているのかということや、カードローン審査を通過するためにはどのような点に気をつけて申込みを行えばよいのか等について解説を行っていきます。

 

カードローンの審査に落ちてしまう主な理由って?

ショック

 

まずはカードローン審査の際に不利となってしまう、申込時の注意点などについて解説を行っていきます。

 

・信用情報に傷がついている

カードローン申込者の信用情報については信用情報機関が管理を行っており、金融機関間で情報共有がされています。

そのため過去に他社のカードローンや他のローン契約をした際に延滞歴をしてしまった場合などには新規のカードローン申込みが非常に不利となってしまうのです。

またローンの延滞歴だけでなく、代位弁済歴や債務整理歴等の情報についても信用情報管理機関で管理をされており、一度これらの情報が信用情報に掲載されると5年から10年は履歴が残り続けることとなります。

 

なお代表的な信用情報機関であるJICC、CIC、JBAなどなどへの信用情報照会は個人でも行うことができます。

カードローン申込み前にこれらの信用情報機関に対して自分の信用情報照会を行えば、自分の信用情報に傷があるかどうかが分かるので、余裕があれば自身の信用情報照会を行うことをおすすめします。

 

・短期間に複数のカードローンに申込をする

より具体的にいいますと、一ヶ月間に3社を超える金融機関にカードローン申込みをした場合、所謂「申込みブラック」とみなされてしまい、カードローン契約が非常に厳しいものとなってしまいます。

実は信用情報記録に掲載されるのは、カードローンの利用残高や事故歴だけにとどまらず、申込履歴についても記載がされます。

そのため短期間に複数のカードローンに申込みをしてしまうと、

 

「お金に困っているのではないか」

「貸し倒れのリスクが高い申込者なのではないか」

 

などと金融機関にみなされてしまうのです。

カードローン申込みを行う際は一ヶ月間に3社を超えないように申し込みを行い、もしも一ヶ月間に3社を超える申込みをしてしまった場合には、最低でも半年程度間を空けて、次のカードローン申込みをすることをおすすめします。

 

 

カードローン審査の際にはどんな点が見られている?

探偵

 

続いて、カードローン審査を通過するためのポイントについて、解説を行っていきます。

 

・職業面

カードローン審査では「安定的かつ継続的な収入があるか否か」が審査を通過する上での非常に重要なポイントとなっており、このポイントと大きな関連性があるのが、申込時にどのような職業に就いているか、ということになります。

世間一般で安定性が高いと考えられることが多い、公務員や大企業の正社員である場合、金融機関は安全性の高い仕事に就いている、とみなすため、審査は有利になります。

 

一方で、アルバイト従業員である場合には、雇用形態が不安定であることから、スコアリング審査では厳しい採点がされてしまいますし、職に就いていない場合には、カードローン契約は非常に厳しいと考えられるのです。

 

・他社からの借入額

複数のカードローンやクレジットカード契約をしていて、他社ローンで多額の借入残高が残っている場合には、カードローン審査の際には不利になります。

金融機関側からすれば、他社からの借入残高があるのにもかかわらず、新規のカードローン申込みをするのは、貸したお金が戻らないリスクが高い、と考えられるのです。

他社からの借入残高が残っている場合には、精算してから新規のカードローン申込みを行うことをおすすめします。

 

なお、カードローンやクレジットカードの契約が初めてであり、他社からのキャッシング経験が全く無い場合が一番審査時に有利になるかというとそうではありません。

カードローンのスコアリング審査では、一社若しくは二社程度とカードローンやクレジットカードの契約をしていて、キャッシングの利用軽減がある申込者の方が高く評価される傾向があります。

キャッシングの利用経験があり、尚且つ他社ローンの利用残高がゼロという場合が、最も高い評価を受けると考えられるのです。

 

・年収面

昨年どのくらいの収入があり、今年はどのくらいの収入が見込まれるのか、ということも、もちろんカードローン審査では重要視されますし、年収が高額であれば高額であるほど、審査時には高い評価を受けることとなります。

 

加えて、信販系カードローンや消費者金融系カードローン等のノンバンク系カードローンの場合、総量規制の対象となっているので、特に年収面についてはチェックされると考えられます。

総量規制は借入額を年収の三分の一までとする法律であり、例えば年収が240万円の人の場合、カードローン商品ごとに設定された契約極度額とは無関係に、借入限度額は80万円までとなるのです。

 

年収が低い人がノンバンク系カードローンに申込みをした場合、せっかく契約ができたとしても、借入限度額が低く、利用がしにくいという事が考えられます。

できるだけ年収をあげてから申込みをしたいですね。

 

 

比較的申込みがしやすいおすすめのカードローンを教えて!

医療関係者

 

カードローン申込みをする際の審査通過のポイントや、審査落ちしてしまう原因などについて解説をしたところで、比較的申込みがしやすく、多くの人が契約しやすいおすすめのカードローン商品について紹介していきたいと思います。

 

・新生銀行カードローンレイク

新生銀行グループのカードローン商品の提供を専門的に取り扱っているのがレイクであり、レイクのカードローンは様々な職業の人が申込可能な上に、申込方法についても多彩に用意されているので、多くの人におすすめしたいカードローンの1つとなっています。

 

レイクのカードローンは安定した収入があれば、アルバイト学生でも自営業でも申込みができます。

 

また、新生銀行の普通預金口座の開設は不要で申込みができます。

 

なお、貸付条件については、契約極度額が500万円、金利が年4.5%から年18.0%(2017年1月8日現在)となっています。

 

・アコムのカードローン

アコムのカードローンは最短で即日融資に対応していますし、もちろん安定した収入があれば学生や主婦(主夫)でも申込みは可能とされています。

アコムのカードローンは、返済サイクルが「毎月返済」と「35日サイクル返済」と2種類用意されており、利用者が自身のニーズに合わせた適切な返済サイクルを選べるという点に大きな魅力があります。

特に返済サイクルで「35日サイクル返済」を選択すれば、借りたお金を早期に完済しやすくなるので、自らの意思で能動的な返済をしたいという人や、短期間の借り入れと返済を行いたいという人でも納得のいく利用ができると考えられるのです。

 

なお、アコムのカードローンの貸付条件は、契約極度額が800万円、金利が年3.0%から年18.0%(2017年1月8日現在)とされています。

 

 

まとめ

 

カードローン審査を通過するためには幾つか抑えておくべきポイントや注意点があり、これらをしっかり押さえていなかった場合には、カードローン審査を通過できなかったり、希望の条件で契約ができなかったりする可能性が高まってしまいます。

しかし、逆に考えれば、ポイントや注意点をしっかり抑えて申込みをすることで、審査通過の可能性を格段に高めることができますし、希望通りに契約出来る可能性も高くなります。

 

カードローン審査は、どの会社でも審査の際に見られているポイントについて、大きな違いはありません。

今回解説したポイントや注意点をしっかり抑え、できれば自分の信用情報を信用情報機関に問い合わせをして申込みをすることで、納得できるカードローン契約が実現する可能性が高まることでしょう。

なお、もしも信用情報に傷があった場合には、一定期間間をあけることで、マイナスの記録は信用情報から消えていくので、一定期間経過後に申込みをすると良いでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス