• 借入比較.com

カードローンが減額されてしまう原因とは?逆にどうすれば増額できる!?

カードローンを便利に利用する上で重要な要因の一つと考えられるのが、利用限度額となります。

利用限度額にゆとりがあれば、急にお金が必要になった場合でも余裕を持って借入ができますし、高い利用限度額で契約をすれば、低い貸付金利での借入も期待できます。

カードローンは長く利用して利用実績を積むことで、増額審査が通りやすくなるのが一般的ですが、場合によっては長く利用しているのにもかかわらず、減額されてしまうことがあります。

なぜ長く利用しているのに減額されてしまうのかということについて解説を行っていくとともに、増額審査を通過しやすくなるためのポイントについて解説をしていきます。

 

カードローンが減額されてしまう主な理由って?

驚く女性

 

まずはカードローンの利用限度額が減額されてしまう主な理由について解説をしていきます。

 

・キャッシングの返済が遅れている

カードローンを利用して借りたお金の約定返済が遅れている、もしくは遅れた経験が何度もあるという場合には利用限度額が減額されてしまう最も大きな原因の一つとなります。

借りたお金を返さない、若しくは返済が度々遅れているという場合には、金融機関からの信用を著しく低下させてしまうことに繋がります。

信用が著しく低下してしまうと、金融機関側は「この利用者にお金を貸すと貸し倒れの危険性が高い」と判断し、契約時の利用限度額から利用限度額の引き下げを行うのです。

返済の遅滞を繰り返した場合、利用限度額の減額だけで済めばまだ良いのですが、場合によっては契約更新時に契約が更新されずに打ち切りとなったり、契約期間中でも強制解約となって利用残高の一括返済を求められてしまうこともあるので、約定返済は確実に行うようにしましょう。

 

・他社から多額の借り入れがある

複数のカードローンやクレジットカードを契約していて、それぞれのカードでキャッシングを行い、その合計額が多額となってしまっている場合についても、カードローンの利用限度額減額の大きな要因の一つとなります。

 

各金融機関では、カードローン利用者の借入件数やキャッシングの利用残高などの情報については共有しています。

複数のカードローンやクレジットカードを急に契約したとなれば、金融機関は「生活が危ないのではないか」と考え、カードローン返済が滞っていない場合でもリスク・ヘッジのために利用限度額を減額することが考えられるのです。

 

またクレジットカードによるキャッシングも含めて複数の会社から借入を行い、借入残高が膨らんでしまっている場合にも、同様に利用限度額の減額措置を取ることが度々あります。

特にノンバンク系カードローンの場合、年収の三分の一を超える借入を禁止する、総量規制という法律の対象となっていますから、クレジットカードキャッシングの利用も含めて、キャッシング残高が年収の三分の一を超えた場合には、直ちに利用限度額減額の措置を取ることがあるのです。

お金を借り過ぎに注意するとともに、借入総額が年収の三分の一を超えないように計算しながらキャッシングを行うことが重要になるといえるでしょう。

 

増額審査を通過するためのポイントって?

お茶を飲む人

 

カードローンが減額されてしまう主な理由についての解説が済んだところで、次はカードローンの増額審査をパスするための要点などについて解説をしていきます。

 

・利用実績を積み上げる

金融機関は、どんどんキャッシングを行い、尚且つ借りたお金をキチンと返してくれる利用者を「優良顧客」とみなします。

従って、カードローンをどんどん使い、尚且つ約定返済を確実に行っていくことで、金融機関からの信用を得ることができ、増額審査をした時に審査が通過しやすくなると考えられるのです。

なお、増額審査を通過するためには一定期間カードローンを定期的に利用し続けることも重要となります。

一時的にカードローンを利用しても金融機関からの信用を得られるとは言いがたく、できれば6ヶ月間継続的にキャッシングをし続けた後に増額申請をすることで審査は通過しやすくなると考えられるでしょう。

但し、返済の返済は絶対にせず、約定返済については死守し続けることが大切になります。

約定返済が滞ってしまった場合には、増額どころか減額されてしまう可能性もあるので、返済は確実に行っていきましょう。

 

・収入を安定させる

特に総量規制の対象となっているカードローンの増額申請を行う場合、年収を増やすことは契約極度額の増額に直結するわけですから、収入を安定させること、また安定した職に就くことはカードローンの利用限度額を増やすことは重要だと考えられます。

 

カードローン審査・増額審査ではスコアリング審査と呼ばれる採点方式で審査が行われているのですが、収入が高ければ高いほど、安定した職に就いていればいるほど、スコアリングの採点が高くなり、高い利用限度額での契約がしやすくなります。

従って、カードローン契約時よりも年収を増やすこと、そしてカードローン契約時にはアルバイト社員だった場合には契約社員になる、契約社員だった場合には正社員になる等、収入を以前よりも安定させることを念頭に置いてカードローンの増額申請を行うことがポイントの1つだといえるのです。

 

・返済中には任意返済を何度が行う

利用実績を積み上げることの重要性や、そのためにカードローンによる借入を積極的に行う大切さについては先程解説しましたが、それと関連して、借入金を返済していく中で任意返済を度々行っていくこともポイントとなります。

契約条件に従って、一定のルールで返済していく約定返済に対して、任意返済は手持ち資金に余裕ができた時などに利用者が能動的に行う返済となっています。

 

任意返済は約定返済の金額に対して余裕がなければできないケースが多いため、

 

度々任意返済を行う=もう少し約定返済額が高くても平気=利用限度額を増額しても大丈夫

 

という具合に金融機関が捉えることが考えられるのです。

但し、度々任意返済を行っていても約定返済が遅れてしまっては元も子もないので、しっかりと約定返済をした上で任意返済を行うようにしましょう。

 

 

カードローンの増額申請の方法と流れって!?

受付の女性

 

カードローンの増額申請を行う上でのポイントについて解説をしたところで、次は増額申請の具体的な方法・流れについて解説をしていきます。

 

まず増額申請の具体的な方法についてですが、インターネットバンキングや各金融機関の公式サイトからマイページにログインしてWeb経由で申込みを行うのが最も手早く簡単な手続きと考えられるのでおすすめとなります。

 

増額申請を行った後は申請内容や利用者の信用情報に基づいて審査が行われることとなります。

審査時間については、多くのカードローン商品において最短で即日とされていますが、申込みをした時間帯や申込内容によっては数日間を要することもあるので、日程には余裕を持って申込みをすることをおすすめします。

また増額後の利用限度額が一定額を超える場合には、追加で収入証明書類の提出を求められることもあるので、収入証明書類が必要となるボーダーラインとなる金額について予め確認しておくと共に、ボーダーラインを超えそうな場合には予め収入証明書類を用意しておくと良いでしょう。

 

無事に審査を通過できた場合には電話やメールで連絡が届くので、新しい契約内容について確認を行い、契約手続きを済ませることで、すぐに新しい利用限度額でのカードローン利用が可能となります。

 

 

まとめ

 

カードローンは一度契約してしまえばそれでゴールというわけではなく、カードローンを便利に使い続けるためには、むしろ契約後の使い方などが重要になると言っても言い過ぎではありません。

約定返済を確実に行うことはもちろん、適度に任意返済を行ったり、転職をしたりして年収を上げること、より安定した職に就くことができればより高い限度額でカードローン利用ができる可能性が高まるので、より高みを目指して生活を送っていくことが重要になるのです。

 

なお、約定返済をしっかり守らなかった場合、利用限度額を増やすどころか、減らされてしまう可能性が高まるので、約定返済は確実に行っていくことが非常に大切になります。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス