• 借入比較.com

カードローンの代位弁済について解説!人気の銀行カードローンの保証会社って?

カードローンを契約・利用する際に度々耳にすることの多いワードの1つとして「代位弁済」というワードが挙げられます。

「代位弁済」とは直訳すれば、代わりに代金支払いをする、という事になるのですが、保証人や連帯保証人無しで契約が可能とされているカードローンにおいて、誰が代わりに代金支払いをしてくれるのでしょうか。

カードローンの代位弁済や何故銀行カードローンは保証人不要で契約ができるのか、ということなどについて解説をしていきます。

 

 

そもそもどうして銀行カードローンは保証人不要で利用できるの?

指差す女性

 

まずは、何故銀行カードローンが担保なし・保証人なしで利用できるのか、ということについて解説を行っていきます。

 

銀行が取り扱っているローン商品を利用するためには、一般的には担保や保証人が必要となっています。

お金を貸す銀行側とすれば、貸したお金が帰ってこない「貸し倒れ」となってしまった場合には赤字になってしまうので、融資を実行する際にはリスク・ヘッジとして複数の回収方法を設定しておきたいと考えます。

リスク・ヘッジの具体的な方法としてよく用いられるのが、担保や保証人といったものなのですが、利用者がより気軽に借入ができるように、また融資実行までのプロセスを簡素とするために、カードローンをはじめとする幾つかのローンは担保や保証人は不要とされています。

では、カードローンのような担保や保証人が不要のローンは「貸し倒れ」覚悟で融資を実行しているのかというとそうではなく、契約の際には保証会社という会社をリスク・ヘッジの手段として利用しています。

 

保証会社は万が一カードローンの利用者がローンの返済をしなかった場合には、代わりに銀行にローンだ代金の支払をします。

保証会社というリスク・ヘッジ手段があるために、銀行は担保や保証人なしでカードローン商品のサービス提供ができていると言っても過言ではないのです。

 

 

銀行カードローンの代位弁済って?

sos

 

銀行カードローンの利用者が返済金の滞納をした場合には、保証会社が利用者に代わってローンの返済をしてくれることについて紹介しましたが、このことについてより詳しく解説していきます。

 

保証会社が代わりに返済をしてくれることを代位弁済というのですが、勘違いをしてはいけないのは、代位弁済をしてもらったからといってカードローン利用者のローン支払いが免責されるわけではないということになります。

 

代位弁済が行われることによって、確かにカードローンの利用残高は一旦全て精算されることとなりますが、代わりに保証会社に対するカードローン残高相当の新しい債務が発生することとなります。

つまりカードローンの返済先が銀行から保証会社に移っただけ、と捉えることが出来るのです。

 

代位弁済をしてもらった場合には、その後保証会社から代位弁済をした分の金額の返済請求が来ることとなります。

さらに請求は分割ではなく一括で届くことになるので、まとまったお金を借りて返済が滞って慕っま場合には一気に生活が窮地に追い込まれる可能性すら生じると考えられるのです。

 

また代位弁済をしてもらった場合には、カードローンは利用停止となりますし、利用者の信用情報に傷もついてしまうこととなります。

信用情報に傷がついてしまうと、カードローン契約をしていた銀行で新しくローン契約をすることが非常に厳しくなることに加えて、他社のカードローンやローン契約も極端に厳しくなってしまうというデメリットも生じます。

 

なお、カードローンの返済が一度遅れたことで代位弁済が行われるケースは殆ど無く、概ね3ヶ月程度返済が滞った場合に行われることが多くなっています。

代位弁済が行われると、数々のデメリットが生じることとなるので、行われそうになった場合は速やかに滞っている分の返済を済ませるようにしましょう。

 

都市銀行のカードローンの保証会社って具体的にどんな会社なの?

髭剃り

 

代位弁済とはどのようなものなのかということについての解説が済んだところで、次は銀行カードローンの保証会社は具体的にどのような会社がなっているのかということについて、解説をしていきます。

まずは都市銀行のカードローンについてみていきましょう。

 

都市銀行4行として多くの利用者を抱えている、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・りそな銀行の保証会社については次にようになっています。

 

・三井住友銀行カードローン…SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

・三菱東京UFJ銀行バンクイック…アコム

・みずほ銀行カードローン…オリコ

・りそな銀行クイックカードローン…りそなカード

 

銀行カードローンは、傘下に収めている企業やグループ企業を保証会社としているケースが一般的に多く見られるのですが、都市銀行のカードローンはそれを顕著に表していると考えることができます。

大手消費者金融が経営危機に陥ってしまった際に、大手銀行が買収し傘下に収めるという減少が2010年以降多く見られたのですが、三菱東京UFJ銀行等はまさにその代表的な例であり、個人融資のノウハウがあるアコムを買収し、保証会社として据えることで、カードローン事業を大幅に拡大することに成功したという実情があります。

都市銀行のカードローンについては、系列会社を保証会社としていることが顕著となっていますが、大手ネット銀行はどのようなになっているのでしょうか。

この後詳しく解説していきます。

 

 

大手ネット銀行の保証会社って具体的にどんな会社なの?

 

大手ネット銀行として多くの利用者がおり、尚且つ人気の高いカードローンを取り扱っているのが、オリックス銀行・住信SBIネット銀行・じぶん銀行・楽天銀行の4行となっています。

各社のカードローンの保証会社がどのような会社が請け負っているのでしょうか。

 

・オリックス銀行カードローン…オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社

・住信SBIネット銀行Mr.カードローン…SMBCコンシューマー or 住信SBIネット銀カード

・楽天銀行スーパーローン…セディナ or 楽天カード

・じぶん銀行カードローン…アコム

 

大手ネット銀行4行のカードローンの保証会社は以上のようになっています。

三菱東京UFJ銀行の系列会社であるじぶん銀行を除くと、どのネット銀行のカードローンも自社系列の会社と外部の会社との二重体制となっていることがわかります。

 

保証会社が二重体制となっているカードローンの場合、審査の際にはいずれかの保証会社の保証を受けることができれば契約ができるわけですから、より契約のチャンスが大きいと考えることが出来るでしょう。

 

 

まとめ

 

代位弁済は、保証会社がカードローンの利用者の代わりに銀行へカードローンの返済をしてくれるので、一見すると非常に便利な制度のように感じてしまいがちですが、その実情は大きく異なります。

代位弁済はあくまでも「立て替え」という意味合いが強く、カードローン利用からからみれば、債権者が銀行から保証会社へ移っただけと考えることができますし、代位弁済をしてもらった場合には、ほぼ例外なく立て替え支払をしてもらった金額を全額一括返済で請求されることとなります。

それまで分割返済で良しとされていたものが突然一括返済で請求されるわけですから、期限の利益を喪失したのと同意義になりますし、代位弁済をしてもらったという記録は信用情報記録に記載されますから、その後しばらくの間はローン経学が非常に難しくなるというデメリットも生じることとなります。

保証会社による代位弁済は、カードローン利用者の保護というよりは、銀行がリスク・ヘッジにために実施されると言っても言い過ぎではないでしょうし、実施されてしまうと一気に生活困窮に陥ってしまう危険祭を孕んでいます。

保証会社による代位弁済を受けないためにも、カードローン利用による借入は計画的かつ確実に返済を行っていくように心掛けたいですね。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス