• 借入比較.com

退職後でも借り入れできるカードローンってある?

カードローンは無担保型のローン商品の一種ということもあり、審査の際には利用者の信用状況や収入状況などに関して入念とも言える確認が行われます。

特に、毎月安定した収入があることや正社員として仕事に就いていること等は重要視されることが多く、退職前であれば問題なかった審査も、退職後には極端に通貨が難しくなってしまうと考えられるのです。

果たして退職後でも契約できるカードローンはあるのでしょうか。

申込時の注意点などと一緒に解説をしていきます。

 

 

退職後でも契約できるカードローンってあるの?

スキンヘッドとやじるし

 

退職して正社員でなくなってしまった場合や、所得が大きく下がってしまった場合、カードローン契約ができるのかと疑問に思う人も多くいるでしょうが、まず結論から言いますと、退職後であってもカードローン契約をすることは可能です。

 

カードローン商品の殆どは、たとえ正社員ではなく契約社員やアルバイト社員だったとしても、毎月安定した収入があると認められれば、カードローンの契約は可としていますし、中には収入が年金収入のみでも契約が可とされているカードローン商品もあるほどなのです。

 

従って、退職してすでに正社員ではなくなっている場合でも、嘱託職員や契約職員として再雇用を受けている場合には、問題なくカードローン契約は可能であると言っても過言ではありませんし、現在は仕事に就いていないという場合でも、一定額以上の年金支給を受けている場合には契約ができる可能性が高いと考えられるのです。

 

退職してしまって正社員ではないから、収入が少ないから、等の理由でカードローン契約ができないと思い込んでしまうのは勿体無いと言えますし、申込時のポイントをしっかり抑えておけば、退職後でも十分に契約できると考えられるのです。

 

 

退職後にカードローン申込時をする場合の注意点って?

注意

 

次は退職後にカードローン申込みをする場合の注意点やポイントなどについて、解説をしていきます。

 

・年齢要件をしっかり確認しておく

退職後にカードローン申込みをする上でのポイントとして、真っ先に挙げられるのが年齢要件についてです。

カードローンは各商品ごとに契約可能な上限年齢が設けられていて、この上限年齢を超えてしまった場合には、問答無用でカードローンの契約申し込みは負荷となりますし、すでにカードローン利用をしている場合でも新規の借り入れが終了となるのです。

上限年齢については各商品毎にまちまちとなっていますが、大体満65歳から満69歳までとされていることが多く、満70歳を迎えた段階で殆どのカードローンが契約不可となってしまう条件とされています。

 

なお、商品によっては上限年齢が満55歳までや60歳までとされているケースもあるので、申込をする前に上限年齢についてはしっかり確認しておくようにしましょう。

 

・申込要件についてしっかり確認しておく

年齢要件の確認に加えて、仕事に就いていることが申込要件とされているか、ということについて予め確認をしておくことも非常に重要だといえます。

カードローン商品の大きくは年金受給者でも契約可能とされていますが、収入が年金収入のみでも契約可能というカードローンもあれば、年金収入+所得でないと契約ができないというカードローンもあるのです。

必ずしも、「年金受給者でも契約可=年金収入のみでも契約可」というわけではないことを念頭に置いておきましょう。

 

なお銀行カードローンは年金収入のみでも契約可能という傾向が強い一方で、消費者金融系カードローンは年金収入+所得がないと不可という傾向が強くなっています。

 

・勤続期間を確認しておく

退職後に再就職をして給与所得がある場合、収入が年金収入のみという場合よりも圧倒的に契約できる選択肢や可能性が高まると考えられますが、一方で新しい職場での勤続期間が短い場合には審査の際に不利になることがあるので、気をつける必要があります。

 

カードローン審査では現在の職場での勤続期間も重要項目として調査されるのですが、勤続期間が非常に短い場合には不利な判定を受けることがあるのです。

より具体的に解説しますと、勤続期間が半年未満という場合には非常に低い評価が下されることとなります。

退職後に新しくアルバイト等を始めた場合には、勤続期間が半年を超えてから申込をすることを推奨します。

 

 

退職後でも申込みやすい銀行カードローンって?

女性営業

 

続いて、退職した後でも比較的申込みやすい銀行カードローンにはどのようなものがあるのかということについて、具体的な商品名を列挙しながら解説していきます。

 

・じぶん銀行カードローン

じぶん銀行カードローンは、契約可能年齢が満70歳未満までと、銀行カードローンの中では比較的契約可能な上限年齢が高く設定されています。

また継続収入が年金収入のみだという人でも申込みができるので、退職後でも契約しやすい条件を多数兼ね揃えたカードローンの1つだと考えられるのです。

また通常カードローン審査では職場への在籍確認の電話があるものですが、年金受給者がじぶん銀行カードローンに申込みをした場合には、職場への在籍確認の電話無しでカードローン契約ができます。

さらに同カードローンは、じぶん銀行の普通預金口座を保有していなくても契約ができるので、退職後にどのカードローンを契約しようかと迷った場合には、まずじぶん銀行カードローンへの申込み検討を行うことをおすすめします。

 

なお、じぶん銀行カードローンの利用限度額は最高で800万円まで、金利は年2.2%から年17.5%(2017年1月6日現在)とされています。

 

 

退職後でも申込みやすいノンバンク系カードローンって?

タブレットを弄る人

 

退職後でも申込みがしやすい銀行カードローンについての解説が済んだところで、次はノンバンク系カードローンについて解説をしていきます。

 

・ベルーナノーティスのカードローン

ベルーナグループのキャッシングサービス提供機関であるベルーナノーティスのカードローンは、75歳まで契約が可能となっているので、満70歳を超えているけれどカードローン利用をしたいという人におすすめのカードローンとなります。

月々の返済は4000円からとされているので、無理のない返済が可能ですし、コンビニATMが手数料無料で利用できるので、借入と返済がしやすいというメリットもあります。

 

なおベルーナノーティスのカードローンは、利用限度額が100万円まで、金利は年8.0%から年18.0%(2017年1月6日現在)とされています。

 

・アコムのカードローン

アコムのカードローンは満69歳まで申込みができますし、利用限度額は最高で800万円まで、金利は年3.0%から年18.0%(2017年1月6日現在)と、消費者金融系カードローンの中では屈指の好貸付条件という点に大きなメリットがあります。

 

なお、アコムのカードローンは安定した収入が年金収入のみのみという場合には契約不可となっているので、仕事に就いてから申込みするように心掛けたいですね。

 

 

まとめ

 

ほぼすべてのカードローン商品において、退職後であっても継続的・安定的な収入があれば契約は可能とされています。

退職して現在は正社員という立場ではなかったとしても、仕事をしていれば殆どのカードローンの申込み対象になっていますし、商品によっては年金収入のみでも契約は可能となっているので、退職後でも意外とカードローン契約はしやすいと言っても言い過ぎでは無いでしょう。

 

但し、多くのカードローンにおいて満70歳を迎えた段階で契約は不可となるので、年齢要件には注意をしつつ、申込みを行うようにすると良いでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス