• 借入比較.com

短時間で借りやすいカードローンって?審査スピードが早い商品を紹介!!

パソコンやスマートフォン、自動契約機などで申込みをすることで、最短で即日借入ができるカードローン商品は今日では当たり前になりつつある、と言っても過言ではありません。

申込みから審査連絡が届くまでのスピードを重要視して、カードローン選びをする人は少なくありませんし、審査スピードが早い商品はそれだけ申込みがしやすい、ステイタスのある商品だと言い換えることができます。

申込みから短時間で借入がしやすい商品について、審査にかかる時間が最短でどのくらいになっているのかということと併せて紹介を行っていきます。

 

 

即日借り入れをするための注意点って?

砂時計を見る人

 

各商品ごとの審査にかかる時間について紹介を行う前に、まずは即日借り入れを行うための共通している注意点について解説を行っていきます。

 

・銀行カードローンは原則口座開設が必要

一部の都市銀行やネット銀行などのカードローンを除いて、銀行カードローンは原則その銀行の普通預金口座を保有していることがカードローン契約の条件とされています。

カードローンの申込みと同時に口座開設をすることで比較的短期間でのカードローン契約は可能となりますが、これがネット銀行の場合となるとそうも行きません。

ネット銀行の場合、口座開設の申込みをしてから開設までに一週間程度かかってしまうことがあり、当然口座開設が済むまではカードローンの契約を済ませることもできません。

最短で即日借入に対応している商品であっても、それが銀行カードローンの場合には、まず口座開設が必要なのか不要なのかを確認しておくことが大切だといえるのです。

 

・申込みをする時間帯に注意が必要

特に振込キャッシングにて即日借入をする場合には、申込みをする時間帯に気をつける必要があります。

銀行口座への振込は15時までと金融機関間で取り決めがあり、振込キャッシングで即日借入を行うためにはこの時間帯に間に合うように契約を済ませる必要があるのです。

振込キャッシングで即日借入をする場合、平日の14時〜14時30分前後までの時間帯をリミットとしている金融機関は多くあります。

この時間帯までにカードローンの契約書類を提出し、契約が認められない場合には、振込キャッシングでの借入金融機関の翌営業日となってしまうことが考えられるのです。

14時過ぎ頃までに契約手続きを完結させるためには、なるべく時間に余裕を持たせるため、早朝に申込みをすることをおすすめします。

 

 

短時間での契約がしやすい銀行カードローンって?

クラウチングスタート

 

続いて、短時間での契約がしやすくなっている、おすすめの銀行カードローンについて具体的に解説を行っていきます。

 

・スルガ銀行のTポイント付きリザーブドプラン

スルガ銀行が取り扱いをしているカードローン商品の1つであり、毎月の返済額に応じてTポイントが付与されるという特徴を持つカードローンがTポイント付きリザーブドプラン(Tリザーブ)となります。

この商品は、Tポイントが付与されるという点が注目されがちですが、なんと仮審査にかかる時間が短く契約までも迅速で、業界でも屈指の速度で契約ができるという特徴も併せ持っているのです。

 

なお同カードローンは即日最短借入に対応した商品ではありますが、即日借入を行うためには平日の12時までに契約手続きを完了させた上で、当日振込みの手続きを済ませている必要があります。

即日借入を希望する場合には早朝に申込みをする必要があるということを覚えておきましょう。

 

・セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンはインターネットバンキングの専用フォームから申込みを行うだけで原則書類提出不要で契約ができる、申込みがしやすいカードローンとなっています。

審査にかかる時間は最短で10分であり、審査通過後には簡単な契約手続きを済ませるだけで、セブン銀行のキャッシュカードを利用してATMからやインターネットバンキングからすぐに借り入れが可能となるので、即日借入が非常にしやすいカードローンでもあるのです。

キャッシュカードを使う場合も、インターネットバンキングから振込キャッシングをする場合も、原則24時間365日借入ができるので、午後の時間帯に申込みをしても即日借入が出来る可能性が高いという、大きなメリットがあります。

 

但し、即日借入を行うためには予めセブン銀行の普通預金口座を保有していることが前提条件となっているので、注意が必要です。

 

・三井住友銀行カードローン

三井住友銀行の普通預金口座を持っていない場合でも、口座開設不要で借入ができるという点に特徴があるので、口座開設不要で銀行カードローンを契約したいという人には最適な商品の1つだといえるのです。

なお、三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードを保有している場合には来店不要のWeb完結での契約も可能となっているので、もちろんすでに三井住友銀行の口座を保有している人にも強く利用をおすすめできる商品設計となっています。

 

 

短時間での契約がしやすいノンバンク系カードローンって?

メールボックス

 

銀行カードローンについての解説が済んだところで、次は短時間で契約がしやすいノンバンク系カードローンについての解説をしていきます。

 

・アイフルのキャッシングローン

アイフルのキャッシングローンは、審査にかかる時間が最短で30分となっており、申込み方法も多彩なので、即日借入をしたいと希望するあらゆる人におすすめができます。

なお、キャッシングローンを最も早く契約するためのおすすめの申込み方法がインターネット申込みになります。

インターネットから申込みをした後、フリーコールへ電話をかけて、審査を急いで欲しいと伝えることで、審査にかかる時間を短くすることが出来るのです。

特に急いでいる場合には忘れずにフリーコールへ電話をかけるようにしましょう。

なお審査通過後は、電話若しくはインターネットで手続きをして振込キャッシングをするか、無人契約機「てまいらず」でローンカードを受け取ることで即日借入が可能となっています。

 

・アコムのカードローン

アコムのカードローンも申込みから審査回答までの時間が最短で30分となっており、即日借入にも対応している口座開設不要の商品ということで、多くの人におすすめできるカードローンといえます。

 

アコムのカードローンを最も早く契約するための方法としておすすめしたいのが、インターネットから申込みを行い、その後は店頭か無人契約機に来店するかFAXで書類を送付して契約を締結する方法となります。

アコムのカードローンで即日借入を行うためには、平日14時までに書類の提出が済んでいることが必要条件となっているので、できるだけ早朝に申込みを行うこと、そしてFAXで書類を送付して契約をする場合には、予め書類を出力しておくなどの準備を整えておくことが重要だといえるでしょう。

 

 

まとめ

 

銀行カードローン・ノンバンク系カードローンを問わずに、多くの商品が非常に早いスピードで審査を行ってくれますし、急にお金が必要になった時には殆どのカードローン商品が利用者のニーズに応えてくれると言っても言い過ぎではありません。

 

しかし一方で、カードローン商品の多くにおいて、即日借入を実現するためには各商品ごとに設定されている前提条件や注意事項をパスしての申込み・契約が求められています。

 

「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、即日借入可能な商品であっても絶対に即日借入が出来るわけではないということ、各カードローン商品ごとに設定されている前提条件や注意事項等をよく理解してカードローン申込みをするように心掛けたいですね。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス