• 借入比較.com

代表的なカードローンの返済額を徹底比較!各商品はどのような使い方が適してる?

カードローンを利用してキャッシングをした場合、利用残高に応じて毎月の約定返済額が決められることとなりますが、各商品ごとに最小となる約定返済額は大きく異なっています。

例えば10万円のキャッシングをした場合、毎月の最小約定返済が1万円という商品もあれば2千円という商品も存在しており、最小約定返済が大きい場合と小さい場合のそれぞれに利点というのは存在しています。

都市銀行や大手消費者金融、大手ネット銀行のカードローンの約定返済がそれぞれどのようになっているのかについて、徹底比較をするとともに、各商品はどのような利用方法が適しているのかについて、解説を行っていきます。

 

 

都市銀行のカードローンの返済額を徹底比較!

エレベータの中の人々

 

まずは都市銀行4行の代表的なカードローン商品について、返済額の比較を行っていきます。

都市銀行である三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行ではそれぞれにお得で申し込みがしやすいカードローンの取り扱いを行っていきます。

今回比較をするのは、バンクイック・三井住友銀行カードローン・みずほ銀行カードローン・りそな銀行クイックカードローンとなります。

それぞれのカードローン商品を上限金利で契約し、10万円借り入れた場合の最小約定返済が次のようになります。

 

・三菱東京UFJ銀行バンクイック…2000円

・三井住友銀行カードローン…2000円

・みずほ銀行カードローン…1万円

・りそな銀行クイックカードローン…1万円

 

こうして各商品を比較してみますと、毎月の返済額が2000円からという商品と、1万円からという商品の2通りに分かれていることがわかります。

 

毎月の返済額が少額の商品の場合、毎月の返済にかかる負担が緩やかなので、まとまったお金を借り入れても無理なく返済ができるというメリットがあります。

しかしその分、完済までにかかる期間が長い故に支払うこととなる利息も多くなってしまうという注意点もあります。

 

一方で毎月の返済額が大きい場合には、毎月の返済額負担が大きいものの、比較的短期間での完済を目指すことができ、支払利息の節約もできます。

 

これらのことから、バンクイックと三井住友銀行は毎月の返済額が少額のため、まとまったお金を借りて計画的に返済していくのに適しており、みずほ銀行カードローンやりそな銀行クイックカードローンは少額のお金を借りてすぐに返済をするという利用の仕方が適していると考えられるでしょう。

 

ひとえに都市銀行のカードローンと言っても、各商品によって適した利用方法が異なるということがよくわかりましたね。

 

 

大手消費者金融のカードローンの返済額を徹底比較!

天秤

 

続いて大手消費者金融のカードローンの返済額について、比較をしていきます。

今回比較をするのは、大手消費者金融として多くの利用者を抱えている、アコム・アイフル・プロミス・モビットの4社です。

 

また比較する商品については、各社の代表的な無担保型カードローンである、キャッシング専用アコムカード・キャッシングローン・フリーキャッシング・モビットカードとします。

それぞれの商品を上限金利で契約し、10万円借り入れた場合の最小約定返済額は次のようになっています。

 

・アコムのキャッシング専用アコムカード…3000円

・アイフルのキャッシングローン…4000円

・プロミスのフリーキャッシング…4000円

・モビットのモビットカード…4000円

 

こうして比較をしてみますと、キャッシング専用アコムカードこそ、3000円とやや少額となっているものの、大手消費者金融のカードローンの約定返済は4000円でほぼ横並びになっている事がわかります。

都市銀行系のカードローン商品の最小約定返済が2000円からだったことを考慮すると、およそ倍の金額となっていることがわかります。

つまり、大手消費者金融系のカードローンは、全体的に短期的な借り入れに向いている傾向が強い、と捉えることができます。

 

また約定返済額以外の点について見てみても、キャッシング専用アコムカードやキャッシングローンは積極的な返済がしやすい35日サイクル制の返済方式での契約が可能となっている等の特徴があります。

総合的に考えて、他社のカードローン商品よりも短期の借り入れと返済がしやすくなっていると言えますし、そのような使い方をしようと考える人に大手消費者金融のカードローンは向いていると言っても過言ではないでしょう。

 

 

大手ネット銀行のカードローンの約定返済額を徹底比較!

カードとネット

 

次に大手ネット銀行のカードローン商品の約定返済額についてみていきましょう。

 

大手ネット銀行のカードローンは、金利がオトクである上に申し込みもしやすくなっているので、最近のカードローン商品の中では特に高い人気を誇るようになっています。

特に多くの契約者数を誇る、オリックス銀行カードローン・じぶん銀行カードローン・楽天銀行カードローンの3商品について、今回は金利比較を行っていきます。

上限金利で契約し、10万円を借り入れた場合の各商品の最小約定返済額は次の通りとなっています。

 

・オリックス銀行カードローン…7000円

・じぶん銀行カードローン…2000円

・楽天銀行カードローン…2000円

 

こうして比較してみますと、若干の金額の違いはあるものの、都市銀行の返済額と似たような構図になっていることがわかります。

じぶん銀行と楽天銀行のカードローン商品については、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行と同額の約定返済額となっていますし、オリックス銀行カードローンについては、若干金額は低いもののみずほ銀行やりそな銀行に近い形だと考えて差し支えはないでしょう。

これらのことを考えると、じぶん銀行カードローン・楽天銀行カードローンはまとまったお金を借り入れて少しづつ返済していく使い方が合っていると考えられますし、オリックス銀行カードローンは短期的な借り入れと返済を繰り返すという使い方があっていると考えられるでしょう。

 

ネット銀行のカードローン商品を選ぶ際には、申込みのし易さや貸付条件等に注目することはもちろん大切ですが、毎月の約定返済がどうなっているか、ということにも注目をすると、より納得の行く契約ができると考えられますね。

 

 

約定返済額が最も少額なのと高額なのは?

カードローン

 

今回紹介したカードローン商品について、最小約定返済が最も少額だったのは、三菱東京UFJ銀行バンクイック・三井住友銀行カードローン・じぶん銀行カードローン・楽天銀行カードローンの4商品の2000円という金額であり、逆に最も高額だったのはみずほ銀行カードローン・りそな銀行クイックカードローンの1万円という結果となりました。

 

この中で特に興味深いと言えるのが、都市銀行のカードローンがそれぞれ最少額と最高額に含まれているという点になります。

また契約極度額や貸付金利などの条件も似通っているので一見するとどれも同じような商品に見えてしまいますが、約定返済額に注目をすると、二極化していることがよくわかります。

10万円借りた場合の返済額が2000円と1万円では非常に大きな差がありますし、返済計画にも大きな違いが生じるとも考えられます。

どの都市銀行のカードローンを選んだら良いのか迷ってしまった時には、約定返済額についても注目して商品選びをすると良いでしょう。

 

 

まとめ

 

カードローンをうまく使いこなしていくためには、借りたお金は確実に返していくことは絶対条件だといえます。

借りたお金を確実に返すためには、きちんと返済計画を立てて借り入れをすることが大切ですし、きちんとした返済計画を立てるためには、毎月の最小約定返済が一体いくらなのかを把握しておくことは非常に重要となります。

カードローンの最小約定返済は各商品ごとに大きく異なるので、カードローンをうまく使いこなしていくためには、契約時に最小約定返済額までしっかり確認しておくことがポイントになると考えて差し支えないと言えるでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス