• 借入比較.com

カードローンを口座引き落としで返済するメリットとデメリットって?

カードローンを利用してキャッシングをした場合、多くの商品においては複数の返済方法が用意されています。

カードローンの返済方法の代表的なものとしては、ATM返済や振込返済、口座引き落としなどがありますが、その中でも最も多く利用されていると考えられている返済方法が口座引き落としとなります。

カードローンを口座引き落としで返済する場合にはどのようなメリット・デメリットがあるのかということなどについて、詳しく解説していきます。

 

カードローンを口座引き落としで返済するメリットって!?

パソコンと女性

 

まずはカードローンを口座引き落としで返済することで享受できる利点などについて解説をしてきます。

 

・手数料がかからない

口座引き落としによる返済の最も大きなメリットの一つが、返済の際に手数料が発生しない、ということになります。

例えば、振込みによる返済を選んだ場合、指定口座へお金を振り込む際に発生する振込手数料は原則カードローンの利用者が負担しなければなりませんし、提携ATMを利用して返済する場合においても、発生するATM利用手数料は原則利用者が負担しなければなりません。

一方で口座引き落としによる返済の場合、契約時に返済口座設定などの手間はかかるものの、一度設定をしてしまえば、後は自動的に返済がされることとなるので、返済にかかる利息以外の追加支払いが不要となるのです。

返済は毎月あるものですから、手数料が発生するか否かについては、完済までの総支払額に大きく影響すると言っても過言ではありません。

大きな節約効果が期待できるのです。

 

・返済のうっかり忘れを防止に役立つ

振込返済やATM返済の場合、返済期日までに毎月利用者自身が返済手続きを行い、お金を返していくこととなるので、返済に掛かる負担が大きくのしかかってくるとも考えられます。

仕事が立て込んでいた場合などには、返済をうっかり忘れてしまうリスクがありますし、何度も返済を延滞してしまうと、カードローンの利用限度額が減額されたり、他社のカードローンや他の種類のローンが組みにくくなってしまうなどの恐れもあります。

 

返済方法を口座引き落とし返済としていれば、毎月返済期日には自動で口座から返済されるので、利用者自身に掛かる負担は少ないと考えられますし、返済のうっかり忘れのリスクも他の返済方法と比較すると圧倒的に低いと考えられます。

 

カードローンの返済用口座と給与振込口座を一緒にしておくなど、毎月定期的に入金がある口座を返済指定口座にしておけば、より安心できるといえます。

もしもカードローンの返済専用口座を作成してそこから返済するという場合には、やはり給与振込口座など毎月定期入金がある口座から自動振替等の設定をして、一定金額を毎月送金するように設定することをおすすめします。

返済作業の大部分をオートマチックとすることで、返済延滞のリスクを大きく軽減することが出来るのです。

 

カードローンを口座引き落としで返済するデメリットって?!

ふてくされる女性

 

カードローンの口座引き落とし返済のメリットについて紹介が済んだところで、次はデメリットについて解説を行っていきます。

 

・返済用口座を用意しなければならない

預金口座を持っていない場合や、すでに保有している口座とは別の口座で管理したいという場合には、新しく返済用口座を用意しなければなりません。

口座開設には時間と手間がかかりますし、口座を作成し返済が開始された後には口座の管理も行わなければなりません。

場合によってはこれが非常に煩わしくなると考えられますし、口座をいくつも開設することに抵抗がある人にはやや不向きかもしれません。

 

・利用履歴が残ってしまう

特に家族などに内緒でカードローン利用をしているという人は注意が必要となります。

口座引き落としによってカードローンの返済をしていると、毎月のカードローンの返済日や返済金などの記録が通帳に記帳され、形として残ってしまうこととなるのです。

家族に内緒でカードローン利用をしているという場合、通帳を他の家族に見られてしまうと一発でバレてしまう恐れがあるので注意が必要となります。

家族にバレるリスクを下げるためには、通常の管理は自分自身で100%行う、通帳の発行がないインターネット銀行の口座を返済用口座に指定するなどの工夫が重要となります。

 

口座引き落としでの返済に向いている種類のカードローンって?

パソコンと貯金箱

 

カードローンを口座引き落としで返済することのメリットとデメリットについて、紹介が済んだところで、次はどのようなタイプのカードローンが口座引き落としでの返済に向いているのか、ということなどについて解説を行っていきます。

どんなタイプのカードローンが口座引き落としでの返済に向いているのか、ズバリ言いますと、銀行系カードローンが非常に適していると考えられます。

そもそも銀行系カードローンの場合、カードローンの契約までにその銀行の普通預金口座を開設していなければならず、返済方法はその口座からの自動引き落としに限られる、というケースが度々見られるのです。

またその銀行の普通預金口座をカードローンの返済用口座に指定することで、普通預金口座に自動融資機能が備わったり、普通預金口座のキャッシュカードがそのままローンカードとして利用できるようになったりと相互の利便性が高まる仕組みが多々用意されているのも、銀行系カードローンならではの特徴と言えます。

つまり、銀行系カードローンの場合、その銀行の普通預金口座とカードローンを連動させることで、相互に新たな付加価値が享受できることとなるのです。

 

またその銀行の普通預金口座への振込キャッシングであれば、24時間受け付けをしていて、手続き後すぐにお金を振り込んでくれる「即時振り込みキャッシング」サービスに対応した銀行系カードローンもあります。

銀行系カードローンを契約するならば、その銀行の普通預金口座を同時に保有しておくと、より多くのメリットが享受できる可能性が高いのです。

 

口座引き落としに向いているおすすめのカードローン3選!!

カード3枚

 

次は、口座引き落としでの返済に向いている推奨のカードローン商品について、具体的な商品名を挙げて紹介していきます。

 

・三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座開設不要で契約ができますが、すでに三井住友銀行の普通預金口座を持っている人がその普通預金口座を返済用口座に指定して契約するならば、多くのメリットが享受できます。

インターネットバンキング経由の申込みであれば、来店不要で手続きを済ませることができますし、キャッシュカードでの借り入れも可能となるなどのメリットも享受できます。

加えて、別途申し込みを行うことで、三井住友銀行の普通預金口座に自動融資機能を付帯することもできるので、普通預金口座の利便性を高めることも出来るのです。

 

・みずほ銀行カードローン

別途申し込みを行えば普通預金口座に自動融資機能を備えることもできるので、すでにみずほ銀行の普通預金口座を保有している人、みずほ銀行をメインバンクとして利用している人にはメリットが大きいといえるでしょう。

 

・りそな銀行プレミアムカードローン

りそな銀行プレミアムカードローンも、先に紹介した2つの銀行と同様に、契約することでりそな銀行の普通預金口座に自動融資機能を備えることができまし、りそな銀行のキャッシュカードをローンカードとして利用できるようになるので、普通預金口座とカードローンの双方の利便性を高めることができます。

またりそな銀行プレミアムカードローンは、りそな銀行で住宅ローンを組んでいる人であれば、優遇金利での利用が可能になる特典があるので、りそな銀行で住宅ローンを組んでいる人や、りそな銀行を普段からよく利用している人には特におすすめとなります。

 

まとめ

 

カードローンを口座からの自動引き落としで返済する方法は、返済延滞のリスクヘッジとしては非常に効果的な返済方法と考えられるので、特にカードローン初心者にはおすすめできる返済方法といえます。

一方で、返済用口座の通帳にカードローンの返済履歴が残ってしまうこととなるので、家族に内緒でカードローン契約をする場合には注意が必要となります。

なお、消費者金融系カードローンよりは、銀行系カードローンを口座からの自動引き落としによる方法で返済したほうが利点が大きいということも合わせて覚えておくと、合理的なカードローン契約・利用ができるでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス