• 借入比較.com

アルバイトの借り入れ注意点とおすすめのカードローン

カードローンといえば、かつては正社員などでなければ契約ができないローンとされてきましたが、今日では安定・継続的な収入があると認められればアルバイトでも契約可能なカードローンが飛躍的に増加しています。

アルバイトをしていて一定の収入があれば、申込が可能なカードローンは、銀行系・ノンバンク系問わず多数存在しているわけですが、アルバイトがカードローン申し込みを行う際には気をつけなければならないことが多数あります。

申込時の注意点や、アルバイトにおすすめの商品などについて、紹介していきます。

 

申込前に確認!アルバイトがカードローン契約をする際に気をつけるべきことって?

考える女性

 

まずは、カードローン申し込みを行う前に気をつけるべきこと等について、解説を行っていきます。

 

・毎月一定額以上の収入はあるか

カードローンの審査を通過できるかどうかは、スコアリングによって決まると言っても過言ではありません。

スコアリングとは、職業や年齢などカードローン申込者の信用度を各項目ごとに数値化し、その点数のトータルのことをいいます。

スコアリングには様々な属性があるのですが、職業がアルバイトの場合、職業の項目のスコアリングは非常に低く採点されてしまいます。

職業項目での低評価を挽回するために重要と考えられるのが、「安定・継続した収入があるかどうか」ということであり、もしも安定・継続した収入がないと判断された場合には、アルバイトの人がカードローン審査を通過することは非常に厳しくなってしまうと言っても過言ではありません。

 

月によって収入に大きな差があるという場合や、多い月でも収入が数万円程度という場合、年収が数十万円という場合には、年収のスコアも低く採点されてしまう可能性があるので、アルバイトを増やすなどして、より収入を安定させてから申し込みを行うことをおすすめします。

 

・勤続期間が一定期間以上あるか

勤続年数が一定期間以上あるか否かということもスコアリングに大きく関係し、現在のアルバイト先での勤続期間が極端に短い場合には、勤続期間の項目において、スコアが低く採点されてしまい、審査通過が厳しくなってしまいます。

単発のアルバイトを繰り返しているという場合や、短期間でバイト先をすぐに変えてしまうという場合は審査通過は厳しいと考えられるので、該当する場合は、まずは1つのアルバイトを長く続けることが重要だと考えられます。

カードローンに申込をする際には、最低でも半年以上の勤続期間を経てから申し込みをすることをおすすめします。

 

カードローン申込をする際に気をつけるべきことって?!

ハートとスマホ

 

続いて、アルバイトの人が実際にカードローン申込をする際に気をつけるべきことと等について、解説をしていきます。

 

・過去にローンの延滞歴はないか

クレジットカード支払の延滞歴がある場合や、端末を分割購入して契約した携帯電話料金の支払が滞ってしまったという経験がある人は特に注意が必要です。

クレジットカード支払の延滞や端末の分割支払費用が組み込まれた携帯電話料金の延滞は、ローンの支払延滞と同意義であり、これらの商品支払の延滞経験がある場合には、信用情報に延滞歴が記載されている可能性があるのです。

思い当たるフシがあるのであれば、カードローン申し込みを行う前に、自分自身の信用情報照会をおこない、信用情報に傷がついていないかどうかを確認することをおすすめします。

 

・職場への在籍確認の電話が来るのに備えておこう

カードローン審査では、申込者の申請内容の最終確認として、申込者の勤務先へ在籍確認の電話をかけることがほぼ例外なく行われています。

正社員はもちろんですが、アルバイトの人の職場にも在籍確認の電話はかかってくることとなるので、電話がかかってきてもうろたえないようにしっかり備えておきましょう。

在籍確認の電話では、基本的には担当者の個人名若しくは銀行名でかかってくるので、自分以外の人が電話に出た場合でも、カードローン申し込みをしたことが知られてしまう可能性は極めて低いと考えられます。

申込者本人以外に用件を話すことはありませんし、確認の内容も氏名や生年月日などを簡単に訊かれるだけなので比較的短時間で済みます。

在籍確認の電話では、申込者本人が電話に出れず、他の人が電話に出た場合でも、申込者が現在その職場に在籍していることが分かれば、パスできます。

あまり気負うことなく、但し、確認の電話には自分がしっかり出るという意識を持って備えておくと良いでしょう。

 

・総量規制に気をつけて申込をしよう

特にノンバンク系のカードローンの申し込みをしようと考えている人は注意が必要です。

ノンバンク系のカードローンは総量規制対象のカードローンであり、各商品ごとに設定されている契約極度額とは関係無しに、契約極度額は申込者の年収の3分の1までとされています。

例えば公式サイトで「契約極度額500万円」と紹介されている商品であっても、年収120万円の人が申込をした場合には、総量規制によって契約極度額は40万円に制限されることとなるのです。

 

ノンバンク系カードローンの申込を考えている人で、尚且つ高い極度額で契約をしようと考えている人であれば、申込前に自身の年収を改めて確認しておくと良いでしょう。

 

アルバイトにおすすめのカードローンって?おすすめのカードローンを紹介!

 

次にアルバイトの人におすすめしたいカードローン商品について、具体的に商品名を上げて紹介をしていきます。

 

・じぶん銀行カードローン

じぶん銀行カードローンは、銀行系カードローンです。安定した収入があればアルバイトでも申し込みができるという特徴を持ったカードローンとなります。

またauユーザーであれば通常よりもお得な優遇金利での契約も可能となっているので、auの光インターネットサービスやスマートフォン・携帯電話を契約している人に特におすすめとなります。

 

なお、じぶん銀行カードローンは、年金受給者が申込をした場合には、職場への在籍確認の電話は実施されずにカードローン契約が可能となっています。

職場へ電話がかかって来ては困るという、アルバイトなどにも強くお勧めが出来るカードローンとなっています。

因みに、じぶん銀行カードローンは契約極度額が800万円、通常の金利は年2.2%から年17.5%(2016年12月28日現在)という貸付条件となっています。

 

・三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行のカードローン商品であるバンクイックは、土日祝日に申込をした場合でもスピーディーなキャッシングができる点に特徴がある銀行系カードローンとなっています。

インターネットから申込をした場合には審査結果が比較的速く出ますし、テレビ窓口から申込をした場合には1時間も待たないでカード発行がされるので、急いで契約したい人にピッタリのカードローンといえます。

 

なお、バンクイックは契約極度額が500万円、金利が年1.8%から年14.6%(2016年12月28日現在)という貸付条件となっています。

 

・プロミスのフリーキャッシング

プロミスのフリーキャッシングは、インターネットで申込から契約までの手続きをすべて済ませることが出来る「Web完結」での契約が可能という点に大きな魅力があります。

Web完結で契約した場合には、ローンカードが発行されず、また自宅に契約書類などが郵送されることもないので、同居している家族などにも知られること無くカードローン契約をしたいと考える人に強くお勧めできます。

またプロミスのフリーキャッシングは、初めてプロミスの契約をする人が、Eメールアドレスとウェブ明細サービスの登録をして契約することで、30日間無利息でキャッシングができる特典も付帯しているので、まだプロミスのサービスを一度も利用したことがない人には特におすすめです。

 

まとめ

朝食風景

 

一般的にアルバイト従業員がローン契約を結ぶのは難しいと考えられがちですが、きちんとポイントを抑えて申し込みをすれば、アルバイトの人が魅力的なカードローン契約をすることは十分に可能と考えられます。

カードローン契約をするためには、スコアリング審査の際に職業項目での低評価を如何に挽回するかが鍵となる、と言っても過言ではありません。

年収面や勤続期間面などで高評価を得られるようにアルバイトを頑張り、ぜひともカードローン契約を実現したいですね。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス