• 借入比較.com

カードローンの審査に落ちた!考えられる理由を検討

カードローンは、いざという時に緊急にお金を用立てることができるので、非常に便利です。

しかしそれは実際に利用ができた場合の話です。

カードローンを利用する際には、どこの業者を利用する場合でも必ず「審査」が付き物です。

では、この審査に落ちてしまった場合はどのようなことが理由として考えられるでしょうか。

代表的な理由を挙げていきますので、審査に落ちてしまった人は自分の何が問題だったのかを確認するために、これから申し込むという人は申し込み前のチェックとして、ぜひ確認してみてください。


総量規制に引っ掛かった場合には機械的にアウトになる可能性あり!

まず最も注意しておきたいのが、「総量規制」です。

例えば、年収が300万円の人が借り入れを行う場合には、300万円×1/3=100万円が限度ということになります。

総量規制で勘違いしやすいことを2点挙げておきましょう。


まず1つ目はカードローンの中にも、総量規制の対象になるものとならないものがあるということです。

総量規制は、貸金業法の中で制定されている規制なので、消費者金融等の貸金業者が取り扱うカードローンでは気を付けておかなければなりません。

しかし、銀行等の貸金業者ではないところが取り扱っているカードローンの場合には、意識する必要はありません。


2つ目は総量規制は個別の借り入れに当てはまるものではなく、個人が行っている借り入れ全体に当てはまるということです。

先ほどの年収300万円の人の場合を例にすると、この人がすでにA社で30万円の借入を行っていた場合に、B社から借り入れできる金額の上限は300万円×1/3=100万円ではなく、300万円×1/3-30万円=70万円となります。

総量規制には引っかかっていないはずなのに、なぜか審査に通らないという人は、他の金融機関での借り入れが足を引っ張っている可能性があります。


総量規制対象外のカードローンでも高望みは禁物!

総量規制対象外のカードローンでも高望みは禁物!

総量規制対象外のカードローンでは、年収の3分の1以上の希望金額で申し込みを行ったとしても、審査に通る可能性はあります。

とは言うものの、自分の年収に見合わない希望金額を提出してしまうと、当然審査に落ちてしまう可能性は高まります。

なぜなら、カードローンの審査では「年収から考えて、無理のない返済プランが立てられるかどうか」ということが、大きなカギを握るからです。


極端な話ですが、年収300万円の人が希望金額600万円で申し込みを出してきたとしたら、現実的に考えて返済するのが難しいと考えるのが当然でしょう。


総量規制対象のカードローンでは、年収が審査の対象となっていますが、総量規制対象外の銀行カードローンでは、年収以外の金融資産(貯金・株式・債券等)も総合的に判断して、「返済できるかどうか」ということを考えてくれることが多いです。

申し込みフォームには金融資産を記入する箇所はありませんが、自由形式で記述ができる補足欄があることが多いので、年収から考えて少し大きめの金額の借り入れを検討している場合には、補足欄に金融資産の詳細を記しておくと、審査通過の可能性が高まります。


過去に返済遅延等がある場合には、信用情報が原因の可能性?

総量規制も問題が無く、希望金額も高望みをしていないのに、審査に通過しないという場合に考えられるのは、信用情報に不都合な情報が記録されているということです。

信用情報とは、これまでの信用取引に関する情報で、信用情報機関という機関にまとめて記録されています。

「クレジットカードを利用して○万円の支払いを行った」「住宅ローンを利用しているが、支払いが遅れたことが2度あった」といったような情報が、過去数年間分登録されており、カードローンの審査の際には重要な判断材料になります。

ここに「返済遅延」「債務整理」といった情報、いわゆる「異動情報」という情報が記録されている場合には、カードローンの利用は不可能です。

普段生活している中では、自分の信用情報にどのような情報が記録されているのか、ということを意識する必要はほとんどないので、カードローンの審査に落ちてしまった際にも、信用情報を疑う人はあまり多くないのではないでしょうか。

過去に返済遅延をしたことがある方であれば、信用情報機関に情報照会を請求してみて、確認してみてもいいかもしれません。


申し込みブラックに陥っている人は半年以上間隔を空ける必要あり!

上述の理由のどれにも当てはまっていないはずなのに、なぜか審査に通らないという人もいます。

基本的な条件(勤続年数・雇用形態等)を満たしていない、という可能性もありますが、このページを見ている方であれば、他の理由である可能性があります。

それは、「申し込みブラック」という状態に陥っている可能性です。

信用情報機関に登録される情報の中には、「カードローンの申し込み・審査通過可否」という情報もあります。

つまり、いつどこの会社のカードローンに申し込んで、審査結果がどうだったかということまで筒抜けになるのです。


読者の方の中に、カードローンに関する知識を持たないまま闇雲に申し込みを続けて審査落ちした後で、正しい知識を身に付けて改めてカードローンの申し込みをしたのに審査落ちした、という方はいらっしゃらないでしょうか?

もしいらっしゃった場合には、残念ながら「申し込みブラック」になっている可能性が非常に高いと言えます。

つまり、信用情報機関に「A社・B社のカードローンに申し込んで審査落ち」という情報が登録されている状態になってしまっているのです。

この情報をC社の審査担当の人が見たらどう思うでしょうか。

「申し込み情報に問題はなさそうだけど、A社やB社が断っているのであれば、何かまずい要素があるんではないか」と考えるのが普通です。

その結果、「じゃぁうちも見送っておこうか」ということで、C社も審査落ちになってしまうのです。


カードローンの申し込み・審査通過可否に関する情報は、半年間は保管され続けるので、申し込みブラックだと思われる方は、半年以上が経過してから改めて申し込みを行う必要があります。


スーパーホワイトの場合は支払い実績を作ることが重要!

スーパーホワイトの場合は支払い実績を作ることが重要!

最後に、「スーパーホワイト」という少し特殊な場合について解説を行っておきましょう。

今までに一度もクレジットカードやカードローンを利用したことが無い人=信用情報上の履歴がまっさらな人、のことを業界用語でスーパーホワイトと言います。

10代や20代前半の人であれば、クレジットカードやカードローンを利用したことがなくても、「そういう人もいるだろう」で済ませることができます。


しかし、これが年を重ねて30代以降になってくると、少し話が変わってきます。

特に社会人ともなれば、クレジットカードの1枚や2枚持っているのが当たり前になってきている現代において、信用情報に何も情報が登録されていない、というのは少し異例なのです。


カード会社からすれば「情報が無い」というのは、「判断材料が無い」のと同じことなので、審査に通過させていいかどうかが分かりません。

そのため、30代以上でスーパーホワイトの方は、一般的にカードローンの審査には通らないと言われています。

「何も問題を起こしていないのに!」と思われるかもしれませんが、カードローン業者がそういう方針である以上諦めるしかありません。

スーパーホワイトから抜け出すためには、割賦払い等を利用して、支払い実績を作ることが重要です。

割賦払いを利用するもので代表的なものには、携帯電話があります。

携帯電話を割賦払いで支払うことによって「きちんと支払いを行っています」ということを、信用情報上に登録することが可能です。

こうすれば、カードローン業者も判断材料ができるため、審査に通過できる可能性が生まれてきます。







同じカテゴリーの最新の記事



プロミス