• 借入比較.com

ノンバンク系カードローンを借り入れするときの注意点とお薦めの商品

カードローンには大別すると、地方銀行や都市銀行等が取り扱いをしている銀行系カードローンと、消費者金融や信販会社などが取り扱いをしているノンバンク系カードローンとに分けることができます。

ノンバンク系カードローンは、契約の際に口座開設が不要となっているのが一般的ですし、比較的短時間で契約がしやすい等のメリットがあるので、多くの人から支持されているのですが、もちろん契約の際には独自の注意がポイントが存在しています。

ノンバンク系カードローンを契約するときに気をつけるべきことや、お薦めの商品などについて、解説を行っていきます。

 

ノンバンク系カードローンのメリットとは?

チカラコブし

 

まずは、ノンバンク系カードローンを契約・利用する際に享受できるメリット等について、解説を行っていきます。

 

・口座開設不要で契約可能

銀行系カードローンの場合、カードローン申込みまでにその銀行の普通預金口座を保有しているか、カードローンの申込みと同時に普通預金口座の開設申込をしなければならないとされているケースが多くなっています。

最近では、最短で即日融資に対応した銀行系カードローンも増えていますが、カードローン申込みの時点で口座開設が住んでいなければ、即日融資を受けることは非常に難しいと言わざるを得ませんし、特にネット銀行のカードローンの場合は利用までに一週間以上かかってしまうケースも珍しくないのです。

 

一方でノンバンク系カードローンの場合、カードローン契約と口座開設は結びついていないことが一般的で、最短で即日融資に対応した商品の場合、タイミングよく手続きを行えば、口座の有無に関係なく即日融資を受けられる可能性が高いカードローンなのです。

 

・収入証明書類の提出基準が統一されている

カードローン商品の多くは、一定額以下の利用限度額で申込みをすれば、収入証明書類の提出を省略して契約が可能となっています。

銀行系カードローンの場合、収入証明書類の提出が不要となるボーダーラインが、各銀行によってまちまちとなっているのですが、ノンバンク系カードローンの場合は、原則50万円までの申込みであれば収入証明書類の提出は不要、と統一されているので、収入証明書類の提出を省いての申込みがしやすくなっているのです。

なお、利用限度額が50万円までの申込みであっても、他社から借り入れがあり、その借入額と新規申込みのカードローンの利用限度額の合計が100万円を超える場合には、収入証明書類の提出が求められることになるので、その点はしっかり覚えておく必要があります。

 

ノンバンク系カードローンを申込むときに気をつけることとは!

ドーナツを食べる人

 

続いて、ノンバンク系カードローンを申込む際に注意しなければならない点について、解説をしていきます。

 

・総量規制対象のカードローンである

ノンバンク系カードローンは、原則どの商品も総量規制の対象となっているので、利用限度額については自身の年収の影響を強く受けるということを心に留めておく必要があります。

総量規制は年収の三分の一を超える借入を制限する法律で、例えばあるカードローン商品の利用限度額が最高500万円だったとしても、申込者の年収が600万円だった場合には、契約可能な利用限度額は最高で200万円までとなるのです。

自身の年収をきちんと確認し、利用限度額を決めて申込みをしなければならないので、銀行系カードローンと比べると手間と制限が余計にかかると考えられるのです。

 

・信販系カードローンは契約に時間がかかる

ノンバンク系カードローンの中でも、消費者金融が取り扱いをしているカードローンは、最短で即日融資に対応している商品が多いものの、信販系カードローンの場合は、申込みからカード発行までに時間がかかるケースが多いので、急いでお金を借りたいという場合には注意が必要となります。

ノンバンク系カードローンは、最短で即日審査に対応している商品も比較的少なくなっていますし、最短で即日審査に対応している商品であっても、ローンカードが手元に届くまでには一週間程度の時間がかかるというケースが多くなっています。

急ぎの場合には、消費者金融系カードローンを選ぶように注意を払う必要があります。

 

お薦めのノンバンク系カードローンって?

日の丸

 

ノンバンク系カードローンには、様々な個性がある商品が多数あるのですが、その中でも特にお薦めのしたい三商品について、紹介を行っていきます。

 

・三井住友カードゴールドローンカードレス

このカードローンはローンカードが発行されないので、申込みから利用開始までの時間が比較的短時間で済みますし、自宅にローンカードが届かないので、家族に知られずにカードローン利用をしたいという人にもお薦めできる商品となっています。

三井住友カードゴールドローンカードレスは、ノンバンク系カードローンの中でも最高クラスの貸付条件を誇る商品であり、利用限度額は最高で700万まで、実質年率は3.5%9.2%(2016年12月23日現在)となっています。

更に利用実績に応じて、年間0.3%、最高で1.2%の金利引下げサービスもあるので、真面目に利用をし続けていれば、さらにお得な利用が可能になる、という特徴も併せ持っています。

 

・アイフルのSuLaLi

アイフルのSuLaLiというカードローンは、女性向けの専用カードローンであり、初めてカードローン契約をする女性でも契約と利用がしやすいという特徴があります。

ローンカードはおしゃれなオリジナルデザインのものとなっていますし、来店不要・Web完結・収入証明書類不要で契約ができるので、手間を掛けずに契約ができるのです。

もちろん、女性オペレーターが対応してくれる専用のフリーコールも完備されています。

 

・ノーローンのカードローン

ノーローンのカードローンは、借入日の翌日から7日間は利息がかからないという、無利息キャッシングサービスの取扱があるのですが、この無利息キャッシングサービスは何度でも利用できる、という絶対的な強みがあります。

無利息期間こそ7日間とやや短めですが、借入金を完済し、その翌月に再融資を受けた場合には、再び借入日の翌日から7日間は無利息期間となるのです。

短期間の借入と完済を度々繰り返している、という人であれば、大きな恩恵をうけることが出来るでしょう。

 

まとめ

 

ノンバンク系カードローンは、銀行系カードローンと比較すると、契約にかかる手間が少ないことが多く、気軽な申込みがしやすいという利点があります。

また個性的な商品も多く、上手に使いこなすことができれば、銀行系カードローンよりもお得な借り入れができると考えられます。

一方で、総量規制など、申込み時に気をつけなければならない点もあるので、それらの点についてはしっかり理解し、ノンバンク系カードローンをうまく使いこなしたいですね。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス