• 借入比較.com

残高不足を自動で補ってくれるカードローンって?特徴や代表的商品を紹介!

銀行系カードローンの多くは、カードローン契約までにその銀行の口座開設が必須とされているケースが一般的とされています。

口座を持っていない場合には、カードローン契約に関して余計に手間がかかってしまうわけですが、銀行系カードローンは預金口座とリンクしているために利用できる便利なサービスが有り、その一つが残高不足を自動で補ってくれるサービスとなります。

これはいったいどのようなサービスであり、どのようなメリットがあるのでしょうか。

代表的な商品と併せて解説を行っていきます。

 

残高不足を自動で補ってくれるサービスって?

手のひらを太陽に

 

普通預金口座とリンクしていて、自動引き落とし等によって普通預金口座の残高が一時的に不足した場合、自動で補ってくれるサービスのことを一般的に自動融資サービスといいます。

銀行で総合口座通帳を保有していて、定期預金を作成し、当座貸越契約を結んでいた場合、普通預金口座の残高が不足した場合に定期預金を担保として自動的に融資をしてもらえるというサービスが有りますが、イメージとしてはこの当座貸越契約に近いと考えて差し支えはないでしょう。

 

自動融資サービスは、専用の銀行系カードローン商品を契約するか、ベーシックな銀行系カードローン商品にオプションとして利用申込みを行うことで利用可能となるケースが一般的です。

なお、自動的に融資をしてもらえる範囲については、予め対象が定められていることが一般的で、どんな決済でも自動的に融資をしてもらえるというケースは殆ど無いので注意が必要となります。

自動融資サービスの対象となるのは、主にクレジットカードや公共料金の自動引き落としなどに限られているケースが多くなっているのです。

自動融資サービスを利用すれば、うっかり決済用口座への入金忘れをしてしまった場合や残高確認を怠ってしまっていた場合でも、残高不足による引き落とし不能を防ぐことができます。

特にクレジットカード決済や携帯電話料金の支払などは、引き落とし不能となると信用情報に傷が付く可能性があるので、これらの決済用口座に自動融資サービスを利用できるように設定しておくと安心だといえますね。

 

自動融資サービスが利用できる代表的なカードローンって?

看護師と患者

 

次に自動融資サービスが利用できる代表的なカードローンや、その詳細などについて解説をしていきます。

 

・三菱東京UFJ銀行のマイカードプラス

マイカードプラスは、すでに三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を保有していて、毎月安定した収入がある20歳以上65歳未満の国内住居者が申込対象となっています。

主に公共料金やクレジットカードの自動引き落としの際に、マイカードプラスがセットされている普通預金口座の残高が不足した場合に、利用限度額の範囲以内で不足分を自動的に融資してくれ、引き落とし不能を防いでくれるほか、ATMやインターネットバンキングから普通のカードローンとして借入利用も行う事ができます。

 

なお、預金の払い戻しやデビットカードの利用、積立制預金商品への振替、バンクイックやマイカードプラスの約定返済などの理由で残高不足となった場合などには、自動融資サービスはされないので、注意が必要となります。

またすでに三菱東京UFJ銀行で他のカードローン商品(バンクイックなど)を契約している場合、マイカードプラスの契約は不可となっているので、併せて注意が必要となります。

 

・イオン銀行のカードローン

イオン銀行のカードローンは、利用者が希望して申し込みをすることで、イオン銀行の普通預金口座に自動融資機能をセットできる仕組みとなっています。

自動融資機能をセットした普通預金口座において、口座振替請求などの自動引き落としが行われた際に、残高不足になった時には、不足分を自動的に融資してくれる、という点においては三菱東京UFJ銀行のマイカードプラスと同様となっています。

 

カードローンは、イオン銀行の積立式の定期・自動積立投信への振替や、同行のローンの約定返済、ワオンへのオートチャージ、イオンクレジットサービスの引き落としの4点については、残高不足となって場合でも自動融資は行われません。

逆に言えば、これら以外の事由で残高不足になった際には、自動融資を受けることができるので、比較的利便性が高い自動融資サービスだといえるでしょう。

 

・三井住友銀行カードローン

三井住友銀行のカードローンも、イオン銀行カードローンと同様に、別途申込手続きを行うことで、カードローンの返済用口座として指定している三井住友銀行の普通預金口座に自動融資機能をセットできる仕組みとなっています。

三井住友銀行のカードローンも、先に紹介した2商品と同様に、基本的には公共料金などの引き落としの際に残高不足となった場合に、不足分を自動的に融資してくれる内容となっています。

また自動融資の対象外となるケースについては、三菱東京UFJ銀行のマイカードプラスと類似していて、デビットカードの利用や預金の払い戻し、積立制定期への振替、三井住友銀行カードローンの約定返済などの事由で残高不足となった場合には、自動融資はされないこととなっています。

 

まとめ

 

カードローンの自動融資サービスは、うまく活用することで、日常生活の中に潜む金融トラブルのリスク管理手段として非常に役立つサービスであると考えられます。

日常生活口座にセットしておけば、とても役に立つサービスであると言っても過言でないでしょう。

 

しかし一方で、自動融資サービスの対象外となる取引も多々あるので、どういった取引が対象で、どういった取引が対象外となるのかについて、しっかり把握をしておくことが、自動融資サービスを上手に使いこなすポイントだといえるでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス