• 借入比較.com

カードローンの複数同時申し込みに唯一の裏ワザあり!大公開します!

緊急で現金が必要になってしまい、

すぐにでも貸してほしいときに限って都合がうまく合わずに用意に苦労することがあります。

 

そんな時に便利なのがカードローンですね。

そこで、すぐにでも受け取りたいからといって複数に申し込みをする方もいるかもしれません。

しかし、カードローンの複数申し込みは、

そのデメリットをしっかりと理解してから利用しないと足元を掬われてしまうでしょう。

 

今回は一般的に良くないとされている、この「複数同時申し込み」を深く掘り下げ、

裏ワザを大公開します!

 

カードローンを複数申し込むのって何がイケないの?

ローンカードが複数ある様子

 

カードローンは、その手軽さがとても便利で、

キャッシングサービスの中でもポピュラーなものとして認知されています。

しかし、カードローンがいくら手軽だといっても、

その審査はもちろんいい加減なものではありません。

 

借り入れの申し込みをした時点で、

金融機関は加盟している信用情報機関に申込者の信用情報を照会します。

申し込んだ人が本当に返済可能な能力を持っているかどうかを確かめるためです。

 

このとき得られた情報をもとに融資を行うかどうかを決定されます。

この情報はリアルタイムで更新されるもので、

金融機関の登録とほぼ同時に、申し込みした方の情報を記録しています。

 

なので、カードローンの複数申し込みを行っても、

その情報がしっかりと信用情報として記録されているということです。

 

融資を行うかどうかを審査する際に、

「短期間で複数に借入を申し込んでいるなんて、

この人は本当に貸したお金を返済することができるのだろうか」

といった疑問を抱かれ、融資を受けにくくなってしまいます。

 

融資を受けにくくなるだけならまだしも、

「申し込みブラック」として、

他金融機関からも融資を受けることが出来なくなってしまう可能性があります。

 

さらに、複数の借り入れ先を利用することによって利息が各社によってバラバラになってしまい、

結果的に合計で高い利息を抱えることにもなりかねません。

 

このようにカードローンの複数申し込みはデメリットだらけといえます。

 

複数同時申し込みを使う「唯一の裏ワザ」とは?ヒントは…「タイムラグ」

「裏ワザ」に驚く様子

 

カードローンの複数申し込みのデメリットを一言でいうと、

「信用を失う可能性があること」これに尽きます。

 

しかし、逆に言えば、

信用を失うことのない範囲でならば利用を検討することができるかもしれないということです。

 

先ほどの信用情報照会をもっと詳しく説明しましょう。

金融機関は借り入れの申し込みがあった時点で、

その申込者の信用情報を信用情報機関に問い合わせます。

 

この時に手に入る情報にはタイムラグがあります。

つまり、情報の把握に時間差が出るということです。

 

例えば二社に同時に借入の申し込みを行ったとした場合、

その二社がそれぞれ問い合わせをしたときに得られる情報は、

それぞれ「申し込み中」という情報だけで、

どの程度の借り入れ額を申し込んでいるのかというところまでは把握できません。

 

もちろん審査結果が出るまではお互いの金融機関はその方の借り入れ枠も把握できません。

そう考えるとこの「タイムラグ」は最短でも30分。長ければ数週間はあります。

 

もしあなたが仮に合計40万円の借り入れを必要としている場合、

一度に40万円の融資を一社から短時間で受けることはなかなか厳しいかもしれませんが、

その額をタイムラグを利用して申し込み、複数の会社に分割して借りることで、

金額的な融資の受けやすさを上げられる可能性があります。

 

これが複数同時申し込みの唯一と言えるメリットを利用した裏ワザです。

もちろん何かに違反する行為ではありませんので、

「1つの金融機関から多くの借り入れが望めないけれど、多額がどうしても必要」

というときに、とっておきのワザとして利用するのもいいでしょう!

 

コツは「審査期間が長い金融機関同士を選ぶ」ということです。

スピード審査を売りにしているカードローン商品が多い中で皮肉な話ですけれどね。

 

この記事を参考に、多くの読者の方がカードローンを上手に使えますように!






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス