• 借入比較.com

銀行カードローンは預金口座があると審査に有利?利用後にも有利?

数ある中で最も金利が低く、信頼度も大きい銀行カードローン。

近年、利用する方はどんどん増えています。

 

さて、銀行カードローンというのは、

その銀行に預金口座があると、とても便利になるのを知っていますか?

 

もし口座を作らなかったらどんなデメリットがあるの?

口座開設しないデメリットを考えている様子

 

消費者金融ではなく、銀行カードローンを利用しようと思う場合、

多くはその銀行の口座を開くことが条件となります。

 

しかし、一部の銀行では新たに口座を開設することなく利用ができるようになりました。

有名なところでは、

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、新生銀行レイク、楽天銀行

などです。

 

各銀行で口座を「開設せずに」利用した場合の借入・返済方法について見てみましょう。

 

 ○三菱東京UFJ銀行

バンクイックカードを用いて当行または提携コンビニATMからの借入返済。

ATM利用手数料は無料。

 

○三井住友銀行

郵送またはローン契約機にてカードを受け取り後、

専用ATMまたは提携コンビニATM・ゆうちょATMからの借入返済。

提携金融機関のATMの利用のみ有料、上記ATMは手数料無料。

 

○新生銀行レイク

 カードでレイクATMまたは提携ATMで借入返済。手数料無料。

 振込みによる借入や自動引き落としを希望の場合は、

 

 本人名義の銀行口座が必要になるが口座指定はないため、

 すでに自分の持っている銀行口座を利用することが出来る。こちらも手数料無料。

 また、インターネットバンキングを利用してWebから手数料無料で返済することが出来る。

 銀行振り込みによる返済も可能だが、振込み手数料がかかる。

 

○楽天銀行

スーパーローンカードで提携ATMで借入返済。

手数料無料だが、一部利用できない時間帯・利用手数料が発生するATMがある。

振込みによる借入や自動引き落としを希望の場合、

指定口座へ振り込み、登録口座から自動振替が可能。

 

このように、その銀行で口座を開設しなかった場合、

多くは専用ATMや提携ATMに出向いて借入や返済を行わなければなりません。

 

その場合、返済日をうっかり忘れてしまうというリスクが付きまといます。

遅延してしまうと、損害遅延金が発生し、余分にお金を支払わなければなりません。

 

口座を開設したらどんないいことが待ってる??

口座開設のメリットに期待する様子

 

では、口座を開設して銀行カードローンを利用する場合、

どんなメリットがあるのでしょうか?

 

共通しているメリットは、口座を持つことによって振込キャッシング、口座振替が可能となる点です。

その他にはどんなメリットがあるでしょうか?

 

先にあげた4つの銀行で口座を「開設していたら」どうなるかを、今度は見ていきましょう。

 

 ○三菱東京UFJ銀行

当行の預金口座を持っていると契約までの手続きがWebで完結できる。

口座を持っていると平日14時までに手続きが完了しているとスムーズに融資を受けられ、

インターネットバンキングに登録すればいつでも自宅で残高照会や振込み等が出来る。

 

また、口座の残高不足を自動で融資してくれる「マイカードプラス」という、

キャッシュカードを利用している方専用のローンサービスがある。

キャッシュカードに借入機能が追加されるため、審査通過後は手続き等なくキャシュカードでの借入が出来る。

 

 ○三井住友銀行

インターネットバンキングで申し込みの場合、

50万円を超える申込の場合は、所得証明が必要。

キャッシュカードがそのままローンカードとして使える。

 

 ○新生銀行レイク

新生銀行の口座を開設し、

カードローンを契約しており借入残高が1円以上で、

返済方法として自動引き落とし口座に新生銀行口座を登録している場合、

翌々月より、新生銀行のインターネットバンキングを利用した、

「他行宛振込み手数料が毎月5回まで無料」のサービスがある。

 

 ○楽天銀行

 楽天銀行の口座を登録した場合、24時間365日即時に振込みが可能となる。

 1日、12日、20日、27日を支払日として指定できるが、

 27日を支払日に指定できるのは楽天銀行口座を引き落とし口座に指定している場合のみ可能。

 楽天銀行を返済口座に指定すると楽天スーパーポイントがたまる。

 

いかがだったでしょうか?

口座を開設することで、

各銀行で受けられるサービスや選択肢が増えることがお分かりいただけたでしょうか?

 

やっぱり自分も口座を開設しようかな?でも…ホントにいいことばかり?

口座開設を終えて通帳が手に入ったイメージ

 

口座を開設していると、銀行カードローンの申し込みの際に、

本人確認書類などの必要書類の提出を省いてくれるサービスもあるので、

審査の時間短縮につながります。

 

また口座を開設すると、あなたへの信頼度が上がる可能性が高くなります。

銀行側からすると「一時的な取引のあるお客様」から、

「これから先ずっと付き合いのあるお客様」へと変わり、

良い印象を持ってもらえることでしょう。

 

このことは、審査において必ずしも有利な回答を約束するものではありませんが、

少なくとも不利にはなりませんので、

審査に不安のある方は積極的に活用すべきでしょう。

 

ただし、銀行カードローン申し込みと、口座の開設を「同時に」行う場合には、

融資までにかなりの時間がかかることを覚えておく必要があります。

 

口座を開設し融資を受けられるようになるまでには、

少なくとも1週間以上の時間がかかります。

 

今すぐに融資を希望している人は、

初めはカードローンで融資を受けた後に、口座を開設するといいでしょう。

 

最後に、

融資を受ける銀行で口座を開設することのメリット・デメリットをまとめてみました。

 

口座を開設しないで利用

口座を開設して利用

メリット

新たな通帳や印鑑が増えない。履歴を残さずに利用が出来るので周りの人に知られず借入が可能。

振込みによる借入返済が出来る。口座振替により返済に関するリスクを最低限に減らすことが出来る。インターネットバンキングの登録により申し込みや管理がしやすい。スムーズに融資が受けやすい。口座を開設することによって得られるサービスがある。

デメリット

ATMからの返済の場合、返済日を忘れないよう常に気をつける必要がある。万が一遅れた場合には損害遅延金が発生する。

新たな通帳や印鑑の管理が必要となる。通帳に利用履歴が残ってしまう。

上記の表を参考にして、

自分なりのお得な銀行カードローン利用法を見つけてみましょう!






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス