• 借入比較.com

カードローンの銀行系と消費者金融系ってどう違うの?

カードローンには「銀行系」と言われるものと、「消費者金融系」と言われるものがあります。

それぞれ何となく「銀行が関与しているのかな」「消費者金融が取り扱っているんだろうな」ということは分かりますが、具体的な違いまでしっかり分からないような状態で利用するのは不安ですよね。

そこで今回は、「銀行系」「消費者金融系」それぞれの違いや特徴についてご説明していきます。

カードローンを検討する際の参考にしてくださいね。

そもそもカードローンってどんなローン?

そもそもカードローンってどんなローン?

銀行系と消費者金融系の違いを説明していく前に、そもそもカードローンってどんなローンなの?ということについて軽く説明しておきましょう。

カードローンとは「クレジットカードと自動支払い機を利用して行なう貸し付け」という説明でも分かるように、「カード」を利用する「ローン」契約のことです。

借り入れや返済を所定のカードを用いて行い、限度額の範囲であれば、繰り返し利用が可能であるという特徴を持ちます。

一般的なローンは「住宅ローン」や「自動車ローン」のように、特定の用途に用いるための資金として借り入れを行いますが、カードローンで借り入れる資金に関しては、事業性資金や投機性資金を除けば、原則として使途は自由です。

「資金使途が自由」という観点では、他にフリーローンというローンもあります、フリーローンとカードローンの大きな違いは、フリーローンは融資資金を一括で貸し付けて、その後は返済が終わるまで新たな借り入れができないのに対して、カードローンは限度額の範囲内であれば、返済が終わっていなくても繰り返し利用が可能な点です。

利用者の事情に応じて適宜借り入れを行えるという点で、カードローンのほうが融通が利くローンであると言えます。

銀行系カードローンは金利が低いのが特徴!

ではまずは、銀行系カードローンの特徴から確認していきましょう。

銀行系カードローンはその名の通り、「銀行」が取り扱っているカードローンのことです。

大メガバンクと呼ばれる、三井住友銀行・三菱東京銀行は、もちろん銀行系カードローンを取り扱っていますが、地方銀行等でも、銀行系カードローンを取り扱っているところは多いので、非常に種類の多いカードローンだと言えるでしょう。

この銀行系カードローンの特徴は「金利が低いこと」「融資可能金額が大きいこと」の2つです。

金利は返済にダイレクトに関わってくる要素ですから、できるだけ低い金利で融資を受けたい、というのは借り入れを受ける人全員の希望でしょう。

消費者金融系カードローンで借り入れを受ける場合には、法律で規制されているギリギリの金利での借り入れになることが多いですが、銀行系カードローンではそれよりも優遇された金利で借り入れを受けられる可能性が高いです。

また、消費者金融系カードローンでは、最大融資限度額が数百万円程度のところが多い中で、800万円や1,000万円といった多額の借り入れを受けることができるのも、銀行系カードローンの強みの1つです。

消費者金融系カードローンは融資の早さと無利息サービスが売り!

続いて、消費者金融系カードローンの特徴です。

大手消費者金融であるアコムやプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)、アイフル等が提供しているのが、この消費者金融系カードローンです。

基本的なサービス内容に関しては、銀行系カードローンとほぼ同じですが、消費者金融系カードローンには「申し込みから審査・融資完了までが早い」「無利息期間のサービスがある」という特徴があります。

最近では、銀行系カードローンの中にも融資までのスピードを売りにしているもものが出てきましたが、スピーディーな融資と言えばやはり消費者金融系カードローンのお家芸です。

申し込んでから最短30分で審査完了、1時間で融資完了というスピードは、急いで融資を受けたい場合には、本当に頼りになります。

また、無利息期間の存在も消費者金融系カードローンの大きな強みの1つです。

ただし、無利息サービスを利用できるのは、初回利用者限定の場合が多いことには注意が必要です。

「借り入れをしたのに返済分に利息を含まなくていい」というのは、今となっては消費者金融系の看板サービスですが、本来であれば非常に画期的な内容です。

業者によっては、複数の無利息サービスを提供しているところもあるので、申し込み者それぞれが置かれている状況に、より適した業者・サービスを検討しやすいのも、消費者金融系カードローンならではと言えるでしょう。

銀行系カードローンは専業主婦の方にオススメ!

銀行系カードローンは専業主婦の方にオススメ!

では、銀行系・消費者金融系のカードローンが、どういった人にオススメなのかを検討していきます。

まずは銀行系カードローンですが、銀行カードローンは「総量規制の対象外である」という特徴を持ちます

総量規制とは、「貸金業者は、申し込み者の年収の3分の1までしか、融資を行うことができない」という規制のことで、貸金業者とは消費者金融のような業者のことを指します。

つまり、消費者金融系カードローンでは、年収が低いと借り入れを受けられる上限金額も下がってしまうのです。

その結果、パートやアルバイトを行っていない専業主婦の方は年収が0円ということになるので、総量規制の対象になっている消費者金融系のカードローンだと、借り入れができないのです。

しかし、銀行系カードローンは総量規制の対象外であるため、専業主婦の方でも借り入れできる可能性が残されているのです。

もちろん、必ず借り入れを受けられるというわけではありませんが、そういった選択肢が残されているというだけでも、専業主婦の方にとっては大きな希望の光になると言えるでしょう。

消費者金融系カードローンは単発利用の方にオススメ!

消費者金融系カードローンは、無利息期間をフルに活用することでお得度が増します。

しかし、無利息期間の恩恵にあずかれるのは、初回利用の方に限られているケースがほとんどです。

そのため、「緊急にお金を用立てる必要ができたので、カードローンを利用したい」「山場をしのげれば、それ以降利用する予定はない」とお考えの方であれば、消費者金融系カードローンはピッタリであると言えます。

初回利用で融資を受けて、無利息期間(たいていの場合は30日間)の間に返済を終えてしまうことで、利息を支払うことなく完済することが可能です。

給料の前借りをしているようなイメージだと思ってもらうと分かりやすいかもしれません。

このように、銀行系・消費者金融系カードローンは、異なった特徴・強み・サービスを持っているので、どちらを利用するかというのをよく検討した上で選ぶ必要があります。

自分にピッタリあったカードローンを選んでくださいね。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス