• 借入比較.com

カードローンの利用限度額を低額で契約するメリット・デメリットは?どんな商品がお薦め?

カードローン契約をする際に多くの人が頭を悩ませる事柄の一つが、どのくらいの利用限度額で申込をしたら良いのか、ということであると考えられます。

カードローン商品の中には高額の利用限度額をウリにしている商品は数多くありますし、いま高額のお金は必要ないけれど、先のことを考えて高額の利用限度額で申込をしよう、と考える人も多いでしょうが、カードローン初心者には最初は敢えては低めの限度額で申込するのがおすすめであると考えられます。

カードローンを低い限度額で契約するメリットやデメリットについて解説を行い、具体的におすすめしたい商品についても解説を行っていきます。

 

カードローンを低額で契約するメリットって?

納得する人

 

カードローンを低い限度額で申込・契約することによって享受できるメリットについて、まずは解説を行っていきます。

 

・審査を通過しやすくなる

特に該当金融機関と初めて取引を行う場合に、低額の限度額で申込を行うことは有効と考えられます。

カードローンは無担保・保証人無しで契約できるローンであるため、金融機関は慎重に審査を行いますし、取引実績が全く無い人に対して、いきなり高額資金を融資しにくいと考えています。

そのため、いきなり高額の利用限度額で申込をしても、希望通りになる可能性は低く、逆に低い限度額で申込をした方が審査がスムーズに済む可能性が高いと考えられるのです。

またカードローンの多くは一定額以下の利用限度額で申し込みを行うことで、収入証明書類の提出が不要となるので、審査にかかる手間を軽減できる、というメリットも享受できるのです。

 

・借り過ぎのリスクを抑えることが出来る

カードローンは一度契約してしまえば利用限度額の範囲以内でいつでも好きなときに好きな金額を借り入れることができます。

専用のローンカードを使って、コンビニATM等から自分の口座からお金を下ろすような感覚で簡単に借り入れができてしまうため、気がついたらつい借りすぎてしまった、というのはカードローン利用者の多くの人がやってしまう失敗談と言えるでしょう。

高い利用限度額で契約していると、ついつい借りすぎてしまった金額が巨額になってしまう可能性がある一方で、低額の限度額ならば借りすぎてしまっても、軌道修正がしやすいと考えられます。

借り過ぎのリスク・ヘッジという意味でも、敢えて低い限度額で契約することには大きな効果があると考えられるのです。

 

カードローンを低額で契約するデメリットって?

泣く女性

 

次にカードローンを低額で契約することで生じてしまうデメリットって解説をします。

 

・適用される貸付利率が高くなりがち

殆どのカードローン商品において、契約時の利用限度額と貸付利率はリンクしていて、高い利用限度額で契約すればするほど、適用される貸付利率についても下がっていく、という仕組みになっています。

高い利用限度額で契約できれば、それだけお得な金利条件で借入ができる一方で、低い限度額で契約した場合には高い貸付利率が適用されるというケースが非常に多くなっているのです。

カードローン商品の多くは、幅をもたせた金利設定となっていて、各商品の公式ホームページを見てみると、最低金利と最大金利が表示されています。

低額の利用限度額で契約した場合、例外を除いてほぼ間違いなく表示されている最大金利での契約になるということを覚悟しておきましょう。

 

・長期借入には不向き

低い限度額で契約してしまうと、適用される貸付利率が高くなりがちだという、先に解説したデメリットと関連して、長期間の借入には不向きというデメリットも挙げられます。

適用される貸付利率が高いということは長く借り入れを行っていると、それだけ支払利息の負担が重くなっていくということを意味しています。

低い貸付利率でお金を借りた場合と比較すると、最初の一ヶ月、二ヶ月であれば利息の差は数十円から数百円程度ですが、これが数年単位の長期間になれば、数千円程度の差になり、場合によっては一万円以上の差が生じることも考えられるのです。

 

おすすめの商品を教えて!

医者など

 

次に低額で契約するのにお薦めのカードローン商品について、幾つかピックアップして紹介します。

 

・セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンは、一律金利制のカードローンなので、契約時の利用限度額に関係なく、適用される貸付利率については年15.0%(2016年12月8日現在)となっているので、低額で契約するのに適したカードローンの一つと考えられます。

セブン銀行カードローンは、審査に要する時間が最短で10分と業界屈指の早さですし、契約手続きの際に原則書類提出が不要なので、非常に手軽に契約できるという大きなメリットのあるカードローンといえるのです。

 

・イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンは貸付利率が年3.8%から年13.8%(2016年12月8日現在)と、最大金利の低さが業界でも指折りの低さとなっています。

低利用限度額で契約しても金利が年13.8%ならば利息負担が少なくて済みますし、アルバイトやパートなど、様々な職業の人が申込対象となっている点も大きなメリットといえます。

 

・三菱東京UFJ銀行マイカードプラス

マイカードプラスは、三菱東京UFJ銀行の普通預金口座にセットして利用するカードローンであり、マイカードプラスを契約することによって、普通預金口座にセットした自動引き落としが残高不足によって引き落とし不能となりそうなときに、不足分を自動的に融資してくれるという機能が追加されます。

日常生活を送る上で非常に便利なカードローンといえますし、マイカードプラス事態が敢えて利用限度額を抑えた商品設計となっているので、低額の限度額でカードローン契約をしようと考えている人に最適な商品の一つと考えられます。

 

まとめ

 

カードローンは多くの人が高い利用限度額で契約したいと考えるでしょうが、敢えて低い限度額で契約することでも多くのメリットが享受できます。

低い限度額で契約しておけば、使いすぎのリスク回避ができますし、より手軽かつスピーディーなカードローン契約も期待できるので、特に初心者には敢えて低い限度額でカードローン契約をすることをおすすめしたいと思います。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス