• 借入比較.com

今すぐカードローンを借りたい方必見!融資スピードランキングを発表!

ジャパンネット銀行の調査によると、

カードローン平均借入額は6割以上が10万円未満、

そして、利用経験者の28%が定期的に利用しているということです。

 

利用目的の第一位は「娯楽・交際費」第二位は「生活費」。(2013年度調査)

ちょっと足りないからお金を貸してもらいたいという場面がしばし出てくるということです。

 

そのため、即日融資と謳う金融機関は昔に比べて多くなりました。

そこで今回は「スピーディーにお金を借りられる金融機関」をお伝えしたいと思います。

(データは全て2016年12月1日現在のものです)

 

そこはほんとに大丈夫?借りようとしている金融機関を必ず調べよう!

金融機関をよく調べているイメージ

これまでにお金を借りたことがない方が、

お金を借りなければならないという状態だとしたら、

それはとても緊急な時といえるかもしれません。

そんな時は当然ながら慌ててしまうものです。

 

しかし、急いでお金を借りようとする人に最もありがちなミスは、内容を読まずに申し込んでしまうことです。

 

世の中には、審査を甘くしてすぐにお金を貸してくれるいわゆる闇金というものが数多く存在しています。

だまされないために、必ず次の4点をチェックしてください。

 

①貸金業者の称号や賃金業登録番号(金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」も活用しましょう

②携帯番号ではない電話番号

③金利や限度額

 審査なしで融資可能!金利手数料無料!などの甘い謳い文句がある場合は要注意です。

④返済方法や返済期間、返済回数、担保

 

これらの記載が正しくなされているか、面倒でもチェック、チェック、チェック!です。

 

 

初めてだけど早く融資を受けたい!そんな方はまずプロミス、アコムへ

 

大手金融機関のサイトを開くと、ほとんどのところで「最短30分審査回答!」や「即日融資可能!」の文字が見られます。

ではどこが本当に一番早いのでしょうか?

 

変な言い方になるかもしれませんが、

借りることに慣れている人にとってはどこで申し込んでもさほど大きな差はないと思われます。

 

しかし、慣れていない人にとっては初めての作業であり、時間を要するものです。

そこで、申し込み方法がより簡単で、少しでもその時間を短縮できると思われる金融機関をランキング形式でまとめてみました。

 

1位 プロミス

金利

4.5%~17.8%

最高融資額

500万円

申し込み資格

年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方

※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込み可

 

担保・保証人

不要

最短融資時間

最短1時間融資可能

申し込み方法

電話・来店方法以外に24時間Webから申し込み可能

必要書類

本人確認書類(Web契約の場合、スキャナや携帯電話のカメラなどで画像化のうえ送信) 収入証明書(希望額50万を超える場合と希望額と他社借入残高の合計が100万を超える場合のみ必要)

特徴

①    3ステップでお借入れ完了(Webから申し込み→審査回答→借入)

②    返済方法を口座振替に選択すれば郵送物不要のカードレスでWebで取引※対象金融機関は200行以上あります。銀行振り込み最短10秒

③    女性専用ダイヤルの設置

④    自動契約機なら土日祝日も対応(9時から22時※一部21時もあります。)誰にも会わず手続き完了、その場でキャッシング

即日融資を受けるためには平日14時50分までに手続きが完了している必要があります。

Web契約と店頭窓口にての契約の場合即日融資可能ですが、郵送の場合は郵送に時間がかかり必要書類受領後に利用可能となります。

 

2位 アコム

金利

3.0%~18.0%

最高融資額

800万円

申し込み資格

20歳~69歳までの安定した収入と返済能力を有し、社内基準を満たすお客さま。

担保・保証人

不要

最短融資時間

最短30分で審査回融資可能、即日融資可能

申し込み方法

電話・来店方法以外に24時間Webから申し込み可能

必要書類

本人確認書類(アップロード・カメラアプリなどで提出可)
※顔写真がない書類の場合は別途書類が必要

収入証明書(希望額50万以上、希望額と他社借入残高の合計が100万を超える場合のみ必要)

特徴

①    急ぎの方用のフリーコールを設置(優先的に審査をしてくれる)

②    女性専用ダイヤルの設置

③    自動契約機なら土日祝日も対応(8時から22時)誰にも会わず手続き完了、その場でキャッシング

即日融資を受けるためには平日14時までに必要書類を提出している必要があります。

Webからの申し込み後、お急ぎ方ように設置されたフリーコールに電話すると優先で審査をしてくれますので時間短縮につながります。

 

3位 アイフル

金利

4.5%~18.0%

最高融資額

500万

申し込み資格

満20歳以上の定期的な収入と返済能力を満たす方で、社内基準を満たす方

最短融資時間

最短30分で審査完了、即日融資可能

担保・保証人

不要

申し込み方法

電話・来店方法以外に24時間Webから申し込み可能

必要書類

本人確認書類、収入証明書(希望額50万以上、希望額と他社借入残高の合計が100万を超える場合のみ必要)

特徴

①    急ぎの方用フリーコールを設置

②    女性専用ダイヤルの設置

③    「配達時間えらべーる」のサービスにより指定時間帯にカードが受け取れる。(パソコン、スマホ限定サービス)

④    無人契約でんわBOX「てまいらず」ならその場で契約、カード発行(8:00~21:45)

 

全ての金融機関に言えることですが、

即日での振込融資を希望する場合、

手続き完了が銀行営業時間内でなければならないため、

遅くとも平日の14時頃までには手続きを完了しておく必要があります。

申し込みをするなら、融資を受けたい日の午前中か前日の夜にしておくのが無難と言えますね。

 

銀行営業時間外や、土日祝日にお金が急いで必要になった場合は、自動契約機を利用するのがよいでしょう。

 

手間は変わらない??中小・地域金融機関でも即日融資可能です!

地方銀行で即日融資が受けられて喜ぶ様子

何らかの理由により、大手金融機関で借入が出来なかった場合、次の方法としては中小・地域金融機関に当たってみることです。

 

中小・地域金融機関の求められる役割の中には、地域住民の資金ニーズに応えるというものがあります。

また、多くの方はまず大手金融機関に申し込むために、

審査を厳しくしていては商売にならないという実情もあります。

 

そのため「大手金融機関では融資してもらえなかったものの、

中小・地域金融機関では融資をしてもらえた」ということが大いにあり得ます。

 

金利は大手金融機関に比べやや高く感じるものの、大手金融機関に比べて柔軟に対処してくれるところも多いのがメリットです。

 

以下に、ネットから申し込みの出来る即日融資可能な中小金融機関をご紹介します。

 

ライフティ

金利

8.0%~20.0%

最高融資額

500万円 (1000円から融資)

申し込み資格

20歳から69歳の一定の収入がある方、社内基準を満たす方

担保・保証人

不要

最短融資時間

即日融資可能

申し込み方法

電話・パソコンなら24時間申し込み可

必要書類

本人確認書類、収入証明書(希望額50万以上、希望額と他社借入残高の合計が100万を超える場合のみ必要)

 

フクホー

金利

7.3%~18.0%

最高融資額

新規の方の場合、初回50万円までの融資

申し込み資格

20歳以上の定期的な収入と返済能力を満たす方で、社内基準を満たす方

最短融資時間

即日融資可能

担保・保証人

原則不要

申し込み方法

電話・ネットから、ともに24時間申し込み可

必要書類

本人確認書類、収入証明書、住民票原本、その他当社が必要と認めた書類






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス