• 借入比較.com

借り入れのポイント

ローンの借り入れを比較するポイントとは?

まず大切なのは金利です。

キャッシングの金利は、ローン会社によってかなりの幅があります。

同じローン会社でも借り入れの額や借り入れプラン、審査状況によって違ってきます。

もっとも効率的なのは、いくつかの金利の安いカードローンを申し込んでおいて、審査が通ってカードが手元に来てから、一番安い金利のカードローンだけを使って借入をして、他のカードを使わないようにすることです。

そうすることで、キャッシング会社にいわば相見積もりをとらせるわけです。

キャッシングの借入額が少額で、近々お金が入るけども、今どうしてもすぐに必要だというような場合は、審査のスピードや即日融資可能かどうか、利用できるATMが近所にあるかどうかなどが重要になってきます。

借り入れして、今まで借りていたローンを一本化したい場合には、ある程度の借入限度額の大きさが必要になってきます。

ここで、借り入れに際しての注意点があります。

自動引き落としができるかどうかや、返済窓口がご自身の行動範囲にあるかどうかを確かめておきましょう。

返済は結構面倒なものです。いつもの行動範囲に返済場所があれば、うっかり返済を延滞してしまったということを防げます。

返済をきちんとおこなっていくとご自身の信用もあがって、金利が安くなったり、限度額が増えたりなど、メリットも多いので、返済だけは忘れずにおこないましょう。

借り入れする目的や返済計画を立てて、賢く借り入れしましょう。

借り入れ 一覧

当サイトおすすめの借り入れローンの一覧

大手で知名度の高いキャッシング、ローンだけを厳選して比較していますので、安心して借りることができます。

低金利で選ぶ 即日融資で選ぶ
限度額で選ぶ 審査即答で選ぶ
返済額を減らすなら

借り入れにかかる金利

借り入れするときにはローンの種類や融資金額によってその金利が違います。

金利は、貸付業を行っている会社によって異なりますが、法律で金利の上限が決められています。

そのため、貸付業者が上限以上の金利を設定している場合は、契約が無効になったり、罰せられたりします。

金利を決める法律には2種類あります。

一つは、利息制限法で、金利の上限が15%から20%に設定されている法律です。

上限以上の金利分は、法律上では無効になる内容です。

金利の上限が29.2%とされており、これ以上の金利を設定した場合には、罰金が科せられることになっています。

金利の上限は、利息制限法では出資金では29.2%と一致していないのが現状です。

間は民事上では違法で支払は無効になる部分ですが、刑事罰には当たりません。

貸付業者が多く、キャッシングの金利を20%以上としている業者も少なくありません。


借り入れの利点

キャッシングの借り入れは高い金利がかかりますのでできるだけ長期間借りないほうが良いですが、時と場合によっては、生活を豊かにしてくれることもあります。

普通は借入すると利息がかかりますが、無利息期間に返済することが出来れば、利息を払う必要がありません。

無利息期間は、キャッシング会社が設けているサービス期間で30日程度が目安となっているようです。

お金が必要になったけれども、給料日まで1週間あるなんて時には、無利息期間を利用してキャッシングすれば、利息を支払わなくて良いので損をしません。

キャッシング会社は限られているため、借りる前に確認することが大切です。

現金が手元に入る手軽さと、短期返済であれば利息が少なくても済むため、使い方によって大きなメリットになります。

時間外手数料も重なると大きな金額になりますが、キャッシングなら手数料がかかりません。

キャッシングし、好きな方法で返済することが出来るので自分にあった方法で賢く生活に取り入れていきましょう。


借り入れのデメリット

多重債務者が増えているのは、キャッシングの借り入れのデメリットを理解しないまま利用したことによるところも大きいでしょう。

金額が少ないキャッシングは、審査も通りやすく意外と簡単に借りることが出来ます。

時には、すぐに返すことが出来ると簡単に考えて借りているでしょうが、少し少しとキャッシングしている内にどのくらい借りているのかわからなくなってしまうことがあります。

その間に利息は増え、キャッシングの借金が雪だるまのように増えていたなんてことは良くあることです。

返済をするために、他社からキャッシングを返すなんて状況になってしまうと、自分では手がつけられない状態に陥っていると言えるでしょう。

金額が返済期間が長引くにしたがって、利息は絶え間なく増えていくのが現実です。

返済計画をしっかり立ててからキャッシングしないと自己破産は目に見えているようなものでしょう。